« 休日 | トップページ | 空白 »

2012年6月11日 (月)

京都商工会議所で「変人」と出会う

京都商工会議所のベトナムセミナーが6月8日に開催された。

そこに私のゼミの卒業生が出席してくれた。卒業後10年以上を経ての再会である。偶然に商工会議所のお知らせを見ての参加ということであった。ただし、それまでにメールでの交流はあった。

彼は現在、某有名企業に勤務しているが、中小企業診断士の資格も取得しており、社会人として優秀な人材に成長している。

彼の学生時代は非常に印象的であった。大阪外国語大学(現:大阪大学)の富田先生が主催する「ベトナムの会」でベトナム語を事前に勉強し、私が引率したベトナム研修に参加した。「自分は変わっている人間です」が就職活動での自己アピールであった。

なるほど「変わっている人間」は確かに成功する。野球のイチローも、サッカーのナカタも、ゴルフの石川も、すべて「変人」である。変人⇒個性的⇒差別化⇒独創的⇒固有の努力⇒成功。こういった連関であろう。

この意味では政治の世界において、かつての小泉首相も現在の橋下大阪市長も「変人」である。ポピュリズムの観点から「変人」は大衆受けすることは間違いない。今後の日本は「変人」の時代なのかもしれない。

|

« 休日 | トップページ | 空白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都商工会議所で「変人」と出会う:

« 休日 | トップページ | 空白 »