« ベトナム進出の留意点:自分で確認する!! | トップページ | エースコック=ベトナム訪問:梶原社長からのプレゼント »

2012年5月 5日 (土)

大阪市職員に対する「入れ墨」調査

ベトナムに滞在していても、いろいろな情報が入ってくる。

大阪市職員に対して「入れ墨」をしているかどうか橋下市長が調査すると聞こえてきた。

すぐに私は、ダナンのホテルのプールで会った入れ墨のお父さんのことを思い出した。

大阪市の海外事業は大阪府に移管するそうだから、大阪市は外国のことを考える必要はないのかもしれないが、あのベトナム人のお父さんは大阪市に就職できない。

ベトナム人のみならず、訪米人も含めて入れ墨をすることが特に違和感がない国は多いのではないか。さらに入れ墨は日本の文化と言えないこともない。その「入れ墨」をしてはいけない大阪市。海外から見て変なことではないか?

少なくとも「日本はさすがだ!」「大阪市はすごい!」と外国から高く評価されることはないと私は思う。おそらく「どうでもよい」と評価されるだろう。そうであるなら、「どうでもよいこと」をわざわざする必要もないだろう。・・・もちろん人権侵害として厳しい批判が予想はされるが・・・

公務員は、どうでもよい身内のアンケート調査をする時間があれば、市民サービス向上を考えるべきであろう。これまでの経験で理解できるように、眼を上に向けたヒラメのような従業員や職員で構成された組織が、外部の人々と良好な関係を維持・発展させることは難しいのではないか。

|

« ベトナム進出の留意点:自分で確認する!! | トップページ | エースコック=ベトナム訪問:梶原社長からのプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/45135238

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市職員に対する「入れ墨」調査:

« ベトナム進出の留意点:自分で確認する!! | トップページ | エースコック=ベトナム訪問:梶原社長からのプレゼント »