« 今こそ「冷静な思考と暖かい心情」が必要ではないか? | トップページ | ラオス商工会議所と川崎市商工会議所が経済協定を締結 »

2012年4月22日 (日)

MBS(1179)ラジオ番組「ベトナム元気」:第3回

4月22日(日)の「上田義朗のベトナム元気」では、遣唐使であった阿倍仲麻呂がベトナムに駐在していたことを紹介した。彼の和歌は「百人一首」でお馴染みである。

天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも

この歌を紹介する時、万葉集研究で著名な故・犬養孝(いぬかい たかし)氏のように抑揚をつけて朗唱しようと一瞬思ったのだが、さすがに恥ずかしくてヤメにした。

私は企業経営の専門家であって、ベトナムの歴史や文化については優れた先人の研究者がおられる。こういう点からは常に自省しなければならないと思っている。

毎回の放送で反省すべき点が多々ある。ベトナム北部のビールには、ハノイビールだけでなく、ハリダもある。これは放送直後に気づいた。

また、日本とベトナムの現在の関係について、次のような指摘ができなかった。EPA(経済連携協定)が2008年に締結されたことや、ベトナムがTPP(環太平洋連携協定)に加盟交渉中であり、日本も賛否両論の中で交渉に入るかを検討していることである。原子力発電所や新幹線(高速鉄道)のベトナム建設の日本の協力もある。

ラジオの15分間、なかなか難しい。ただし、高井美紀アナウンサーの絶妙のリードとフォローのおかげで、私自身は楽しい時間を過ごさせて頂いている。放送する側が楽しくないと、リスナーも楽しいはずがないと思う。

来週、どういう展開になるか。お楽しみに。再放送は、http://www.mbs1179.com/genki/

|

« 今こそ「冷静な思考と暖かい心情」が必要ではないか? | トップページ | ラオス商工会議所と川崎市商工会議所が経済協定を締結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/44975771

この記事へのトラックバック一覧です: MBS(1179)ラジオ番組「ベトナム元気」:第3回:

« 今こそ「冷静な思考と暖かい心情」が必要ではないか? | トップページ | ラオス商工会議所と川崎市商工会議所が経済協定を締結 »