« MBSラジオ番組『上田義朗のベトナム元気』の収録 | トップページ | ラオス株式の魅力:詳細は岩井証券のHPを!! »

2012年4月 3日 (火)

個性ある教員が個性ある学生を育てる

4月2日(月)に流通科学大学の入学式が神戸ポートピアホテルで挙行され、その後に全学教員会が開催された。

そこで中内潤・理事長は、表題の方針を提起された。これに私は共感を覚える。

自らの個性を伸ばすことは、自らを差別化することである。その差別化戦略の成功のためには、どのように自己の特徴を出すかを常に考えなければならない。何かの「こだわり」を持たなければならない。

こういった個性や差別化を追求する場合、私の経験では、かなり孤独な状況に陥ることもある。差別化とは、他人と違ったことを追求するからである。こういった孤独な気分になりがちな学生を励ますことが教員の役割となる。

自らの個性に次第に自信が持てるようになれば、個性と個性が刺激し合う「切磋琢磨」という状況が生まれる。こうなれば、お互いの個性を尊重し合う真の友情が形成されることになる。

個性なき人々で構成された集団は、単なる付和雷同の有象無象の集団である。こういった人々には「協調性」があるのではなく、信念や個性がないのである。

個性ある教員が個性ある学生を育てる」。なかなか私は気に入っている。

|

« MBSラジオ番組『上田義朗のベトナム元気』の収録 | トップページ | ラオス株式の魅力:詳細は岩井証券のHPを!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性ある教員が個性ある学生を育てる:

« MBSラジオ番組『上田義朗のベトナム元気』の収録 | トップページ | ラオス株式の魅力:詳細は岩井証券のHPを!! »