« MBS(1179)ラジオ番組「ベトナム元気」:第2回 | トップページ | 経営とは何か?:縦糸をピンと張る »

2012年4月18日 (水)

焼酎カクテル「金魚」の作り方

 日本ベトナム経済交流センターの専務理事・織田公文さんから教わった焼酎の飲み方をご紹介する。

 名付けて「金魚の幻想」・・・・・・これは私の命名であるが、通常は「金魚」と呼ばれている。これからの暑い季節に向けて清涼感ある飲み方である。

P1020220 写真のように、グラスの中に金魚が泳いでいるように見えるのだが、それは「鷹の爪」である。半分に折らないと沈まないので、注意してほしい。

 水草を思わせるのは「大葉」である。この風味が、焼酎の香とを混じり合って独自の雰囲気を楽しむことができる。

 お好みで氷を入れてもよいし、もちろん水割りでもよい。焼酎の種類は問わないと思うので、これも各人の好みである。

 最初は焼酎と大葉の独特の香りを賞味し、次に大葉のシャキシャキした食感と一緒に焼酎の味を楽しむ。そして最後に鷹の爪を交えた辛みを恐る恐る試してみる。

 織田さんによれば、大葉の代わりにキュウリを入れると「カッパ」になるそうであるが、その時は鷹の爪の代わりを探さなければならないだろう。

 こういう飲み方、日本版「焼酎カクテル」として世界市場を狙えるかもしれない。酔いと共に、ビジネスの幻想は広がる。

|

« MBS(1179)ラジオ番組「ベトナム元気」:第2回 | トップページ | 経営とは何か?:縦糸をピンと張る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/44912203

この記事へのトラックバック一覧です: 焼酎カクテル「金魚」の作り方:

« MBS(1179)ラジオ番組「ベトナム元気」:第2回 | トップページ | 経営とは何か?:縦糸をピンと張る »