« 偶然に感謝 | トップページ | 就活の志望動機は「愛の告白」である(2) »

2012年4月25日 (水)

就活の志望動機は「愛の告白」である(1)

大学生の就職活動は、連休を前にして山場を迎えている。そのためのエントリーシートや面接で必ず表明しなければならないことは、志望の動機である。ここで何を書けばよいか?何を言えばよいか?

私見では、志望の動機とは、片思いの恋人に対する結婚のための愛の告白である。その要点は、自分の片思いの気持ちを思い切って正直に相手に伝えることである。

その愛情が深く真剣であれば、おそらく相手に気持ちは伝わるはずである。ただし、「その気持ちは嬉しいが、結婚はお断りします」という相手が多数いることも事実である。それは苦い辛い経験であるが、それを容認・覚悟せざるをえない。結婚とはそういうものである。就職も同様ではないか。

就職希望の大学生は多数の企業に同時にエントリーシートを書くのだから、それぞれの企業に対して頭を切り換えて別々に真剣に愛情をもつことができなければならない。それができる人は、いつかは相思相愛の好ましい結婚相手が見つかるであろう。

|

« 偶然に感謝 | トップページ | 就活の志望動機は「愛の告白」である(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/45027692

この記事へのトラックバック一覧です: 就活の志望動機は「愛の告白」である(1):

« 偶然に感謝 | トップページ | 就活の志望動機は「愛の告白」である(2) »