« ベトナムについて質問がありました(1) | トップページ | ベトナムについて質問がありました(3) »

2012年4月 6日 (金)

ベトナムについて質問がありました(2)

1.日系の進出事業者についてですが、ベトナムに進出してみて、これは予想外で困ったなという事柄があればばお教えいただきたく。おそらく、事務局の皆様等のコメントのインフラ不整備という中に含まれるのではないかと察しますが・・・。

回答

実際に進出されている企業に質問されると、さまざまな回答があるでしょう。たとえば困ったことには、賃金上昇、ストライキの発生、電力不足、為替差損、交通渋滞などは、すぐに思いつくことです。また、営業許可の認可がなかなか下りないということもあります。

また、「ベトナム人は勤勉」という期待が強いと、それは「予想外」になることがあるかもしれません。もっとも「勤勉」といった抽象的な表現ではなく、1時間当たりの生産量によって各国の労働者を比較することが企業内では当然に行われています。各企業によって評価はいろいろですが、総じてベトナム人労働者は悪くないと言えます。

他方、逆に「予想外に良かった」ということも多々あると思われます。予想外に生活に不自由しない。予想外にベトナム人は優秀だ。

このように考えると、日本での先入感が「予想外」の内容を決めていることになります。

先入観なしに虚心に現地の現状を理解・分析し、その問題点の改善・解決を考える。この姿勢が、ベトナムのみならず海外ビジネス一般の成功にとって重要だと言えるでしょう。

「予想外に困った」こと? 「特にないです。すべて想定内。こんなものでしょう」。このように回答できるだけの事前準備や事前調査、さらに事前の心構えがあれば、ベトナムでもどこでも海外ビジネスは成功すると思います。

|

« ベトナムについて質問がありました(1) | トップページ | ベトナムについて質問がありました(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/44732255

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムについて質問がありました(2):

« ベトナムについて質問がありました(1) | トップページ | ベトナムについて質問がありました(3) »