« フーコック島の点描(4) | トップページ | メコン川地域開発の国際セミナー開催:立命館大学 »

2012年3月 6日 (火)

就活学生のリスク管理

 今の時期、学生の話を聞いていると、個別または合同で会社説明会が頻繁に開催されている。さらに書類審査・SPI試験・集団面接などで選考を始めている企業もある。

 学生は春休みに入っているから十分に時間があるはずで、できるだけ多数の企業との接触をもつべきであろう。

 ここで学生が注意しなければならないことは、もし現在のエントリー企業が全部ダメだった時のことを考えることだ。おそらく現在のエントリー企業は有名企業が大部分ではないかと思われる。夢を描くのは結構だが、現実は甘くない。

 有名企業ほど志望者が多数となり、門戸が狭いのは当然である。また、就活の成否は必ずしも実力を反映しない。「運」も大きな要因となる。

 そうであるとすれば、ここはひとつ、今までのエントリーしている企業を再検討してみることだ。極端な場合を考えて、今までのエントリー企業が全部ダメだった時のことを考える。

 新たな企業を探すことも良いし、新たな進路を考えても良い。いずれにせよ、最悪の場合を想定して、その対応策を用意しておくことは社会=企業における「リスク管理」と同様である。

 方針が決まれば、安心できるし、精神的な余裕も生まれる。それが実際の就活にも好影響を与えることを期待したい。

|

« フーコック島の点描(4) | トップページ | メコン川地域開発の国際セミナー開催:立命館大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/44384107

この記事へのトラックバック一覧です: 就活学生のリスク管理:

« フーコック島の点描(4) | トップページ | メコン川地域開発の国際セミナー開催:立命館大学 »