« お鍋との遭遇 | トップページ | クレセントモール・ジャパンスタイル店を訪問 »

2012年2月18日 (土)

フーコック島に来ました

 土曜日と日曜日をフーコック島で過ごすことにした。

 ベトナムのリゾート地として有名であるが、5星の大型ホテルがない。ダナンのリゾート地としての発展に比較すれば、見劣りすることは否定できない。

 しかし国際空港の建設が計画・着工されており、それが完成すれば状況は一変するであろう。その頃になってホテル建設では遅すぎるというのが通常のビジネスの的確な判断であろう。

 このフーコック島は、P1010612北部からはカンボジアが5㎞という近さであり、その間を国際フェリーを運行するという計画も聞いている。そうなれば、フーコック島からカンボジア観光といった新しいルートもありうるし、カンボジアにとってもシハヌークビルなど南部の観光開発に貢献するであろう。

 このフーコック島の状況は、適時紹介したいと思う。日本人が真珠の養殖をしていたり、ベトナム製生ウニを食べることができたり、ロシア人観光客が異常に多かったりする。またニュクマム(魚醤)の醸造所があり、胡椒の栽培もしている。

 シンガポールと同じ面積らしいのだが、観光地として多様であり、今後の発展の潜在力を感じた。

 なお、この島、タイランド湾に位置しており、軍事的には重要であるとも考えられる。平和あってこその経済発展ということを想起させられた。

|

« お鍋との遭遇 | トップページ | クレセントモール・ジャパンスタイル店を訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/44188112

この記事へのトラックバック一覧です: フーコック島に来ました:

« お鍋との遭遇 | トップページ | クレセントモール・ジャパンスタイル店を訪問 »