« 訃報:人見美喜男さんを偲ぶ | トップページ | TPPの賛成論と反対論に欠落していること »

2011年11月 4日 (金)

「ゴルゴ13」の配役は誰が最適か?

 『朝日新聞』(2011年11月3日)によれば、漫画「ゴルゴ13」がハリウッドで映画化の企画が進行中だそうである。

ゴルゴ13 I [DVD] ゴルゴ13 I [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2009/06/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 誰がゴルゴ13を演じるのか。これまで日本映画では、高倉健と千葉真一であったが、今度のハリウッド映画の配役はどうなるのか。国際スターとみなされる渡辺謙や真田広之では、ちょっと体型が違う。180cmを超えるがっしりした筋肉質の体型が必要である。

 映画『沈黙の・・・』シリーズのスティーヴン=セガールを思い浮かべるが、ゴルゴ13は東洋人の神秘的な個性も魅力であるから、東洋人という基準は譲れない。それに少し年配である。そうなると、日本人のみならず、韓国人や中国人の俳優が演じても悪くない。しかし日本原作の漫画なのだから、やはり日本人が望ましい。 

ファイル:Koji Murofushi Daegu 2011.jpg 

 私は、俳優ではなくアスリートであるが、ハンマー投げの室伏広治氏を推薦したい。日本人の父親とルーマニア人の母親のハーフであることも、ゴルゴ13の別名「デューク東郷」を彷彿させる。

 ゴルゴ13は寡黙であるから、ほとんど台詞は不要である。ただし、多国語を流暢に話すシーンはぜひ見せて欲しい。それがまたカッコイイ。問題は、室伏氏に格闘技アクションと狙撃シーンやラブシーンが可能かどうか。しかし、ともかくハンマー投げは、強い筋力と瞬発力を必要とする競技であるから、これはゴルゴ13の肉体と共通した特徴である。

 ただし、室伏氏は笑顔が魅力である。無口で陰気なゴルゴ13とはまったく逆の性格のように思われる。これが問題だ。

 以上は私の「妄想」であるが、この際、新しいイベント企画として、ゴルゴ13の主役を世界から公募すればどうか?この企画のスポンサーは必ず現れると思う。

 私は、中学生の時に『ビッグコミック』連載の「ゴルゴ13」を読み始め、しばらくして『別冊』を発売毎に購読して現在に至っている。40数年間の連載は、まさに日本を代表するコミックである。これがハリウッドで映画化されるというのだから、日本人として最善の配役を期待したい。早くも公開が楽しみである。 

|

« 訃報:人見美喜男さんを偲ぶ | トップページ | TPPの賛成論と反対論に欠落していること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/42834521

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴルゴ13」の配役は誰が最適か?:

« 訃報:人見美喜男さんを偲ぶ | トップページ | TPPの賛成論と反対論に欠落していること »