« 連合艦隊司令長官はどの船に座乗されますか? | トップページ | 国際社会に対して恥ずかしくないか? »

2011年10月10日 (月)

東京の講演会が無事に終了:ENTの現状は?

 東京商工会議所江戸川支部が主催する講演が10月6日に無事に終了した。多数の皆様のご出席に感謝を申し上げます。

 講演後に、ENT(Economic Needs Test:経済的必要性テスト)の見通しについて質問があった。このENTとは、日本の大店法のような規制であり、外国小売企業の野放図な進出を規制する趣旨である。

 外国小売業が進出しようとする地域の人々にとって、その進出に「経済的必要性」があるかどうかという意味であろうと解釈できる。注:法令の紹介は別途にしたい。

 この必要性という意味は、国内企業を保護する趣旨であるから、私の理解では、次のような対応になっている。

(1)外資企業:1店舗は出店できるが、2号店の出店は簡単ではない。
(2)ベトナム企業:チェーン展開は問題なく可能である。
(3)外資との合弁企業:1店舗目を出店し、その後1年が経過すれば、フランチャイズ店舗展開が可能な認可に変更できる。 

 本ブログで以前に紹介したファミリーマートは、合弁相手のフータイ社と協力して、上記の(1)・(2)・(3)すべての形態の企業を設立して、店舗網の展開を加速させようとしている。

 

|

« 連合艦隊司令長官はどの船に座乗されますか? | トップページ | 国際社会に対して恥ずかしくないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/42408816

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の講演会が無事に終了:ENTの現状は?:

« 連合艦隊司令長官はどの船に座乗されますか? | トップページ | 国際社会に対して恥ずかしくないか? »