« TPP参加に賛成か?反対か? | トップページ | 東京の講演会が無事に終了:ENTの現状は? »

2011年10月10日 (月)

連合艦隊司令長官はどの船に座乗されますか?

 表題は、映画「男たちの大和」の台詞のひとつである。

即発送!現品のみ!!現品のみ!!■初回盤■邦画 DVD 【男たちの大和】06/08/04発売

 連合艦隊の最後の作戦として戦艦大和が沖縄に出撃する時、この台詞に続いて、大和の将校が連合艦隊参謀長に厳しく質問する。

 「なぜ連合艦隊司令長官や参謀長は、防空壕から出て自ら陣頭指揮を執らないのか?」

 この質問は、今日の日本企業・日本社会の「無責任体制」を想起させる。特に今日の原発事故では、その責任の所在が未だに明確にされていない。

 世界が注目する原発事故で、その責任も明確にできないようなら、そういった日本に対する信頼も失われるのではないか。あるいは、もう失われているのかもしれない。

 責任を取りたくなければ、最初から責任の伴う役職を固辞すべきである。役職を誇示する人は多いが、それを固辞する人は少ない。責任を取る。この心構えを失いたくないと自省している。

|

« TPP参加に賛成か?反対か? | トップページ | 東京の講演会が無事に終了:ENTの現状は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/42408643

この記事へのトラックバック一覧です: 連合艦隊司令長官はどの船に座乗されますか?:

« TPP参加に賛成か?反対か? | トップページ | 東京の講演会が無事に終了:ENTの現状は? »