« 日本から大学生がやって来た!!(7):シハヌークビルで滞在 | トップページ | どれほどベトナム人学生は優秀か? »

2011年9月 4日 (日)

日本から大学生がやって来た!!(8):「国際バス」でベトナムに帰る

 9月3日午前10時にシハヌークビルを出発してプノンペンに戻り、午後にキリングフィールドを見学した。そして9月4日にプノンペンからホーチミン市にバスを利用して移動した。

 ベトナムとカンボジアを結ぶ国際バスには、ベトナムとカンボジアの2社がある。ベトナムはマイ=リン=タクシー=グループ、カンボジアはメコン=エクスプレス=リムジン=バスである。前者は、ベトナム株式市場に上場を予定する有力企業である。また後者は、日本企業が参加していてサービスはよいが、価格は12ドルで少し高いということである。私たちは後者を利用することにした。

P1000868  その理由は、これまで何度かマイリンの国際バスを見かけたが、爆走というイメージであったことが1つ。また、カンボジアからの乗車ならカンボジアのバスを利用することが適当と考えたことが2つである。

 バスに乗車すれば、団体旅行と同じである。バスの添乗員にパスポートを渡し、その指示に従って行動すれば、何ら問題なしに国境を越えることができた。

 また、その通関のルーズさにも驚かされた。ただし考えてみれば、いくらバベットやモクバイの通関を厳格にしても、それ以外の国境線では自由交易できるに違いない。自由貿易の必然性は、このような状況からも実感できる。

 無事にベトナム・ホーチミン市のファングーラオに到着し、そこから定宿のホテルで荷物を整理した。そして、その深夜(9月5日)に帰国の途についた。

 8月13日~9月5日。今回の旅は、通常と違って同行者が多かった。少しばかりの気疲れは付加されたのかもしれないが、より刺激のある啓発的な調査ができた。お世話になった皆さん、学生の皆さん、ありがとうございました。皆さんに感謝を申し上げます。

 

 

|

« 日本から大学生がやって来た!!(7):シハヌークビルで滞在 | トップページ | どれほどベトナム人学生は優秀か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/41544659

この記事へのトラックバック一覧です: 日本から大学生がやって来た!!(8):「国際バス」でベトナムに帰る:

« 日本から大学生がやって来た!!(7):シハヌークビルで滞在 | トップページ | どれほどベトナム人学生は優秀か? »