« ベトナムで「猿の惑星:創世記」を見逃す・・・ | トップページ | 映画『ブラック=スワン』について »

2011年9月11日 (日)

タム先生が京都で講演

 ハノイ貿易大学のタム先生とは10年以上の交際である。ベトナム人の中で親しい友人と思っている。また、(社)日本ベトナム経済交流センターの顧問に就任していただいている。

 そのタム先生が以下のように講演をされる。私も応援に出かけたいと思っている。ビジネス関係者にとっても、ベトナムの日本語教育の現状を知る好機と言えよう。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・

■第248回 日文研フォーラム■

・日時: 平成23年9月13日(火)14:00~16:00

・発表者: グエン ティ タン タム
ハノイ貿易大学・上級講師、ベトナム科学技術協会技術開発研究所・副所長、国際日本文化研究センター 外国人研究員

・発表テーマ: ベトナムにおける日本語教育と日本研究の現状

・発表内容: 8世紀ごろ、日本人は初めてベトナムに足を踏み入れたが、その後特に17世紀(鎖国前)に両国の交易は盛んになり、当時の繁栄の跡を残すホイアン「日本町」は、世界遺産にもなっている。長く、複雑な交流の歴史を経て、1970年代後半に越日の国交が樹立され、ついでベトナム経済刷新政策(ドイモイ)が行われた1986年以降から今日に至るまで、両国間の外交・経済・文化交流関係は益々深められてきた。それらを機にベトナムにおける日本語教育と日本研究は、本格化・発展・活性化の道を歩んできた。こうした活動の経緯、現状と展望を概観し解説を試みたいと思う。

・コメンテーター: 白幡洋三郎・国際日本文化研究センター教授

・会場: ハートピア京都 3階大会議室
 京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375
 (京都市営地下鉄「丸太町」駅下車⑤出口すぐ)

・申込: 不要(定員180名)

・受講料: 無料

・主催: 国際日本文化研究センター:大学共同利用機関法人・人間文化研究機構

・・・ ・・・ ・・・ ・・・

|

« ベトナムで「猿の惑星:創世記」を見逃す・・・ | トップページ | 映画『ブラック=スワン』について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/41622839

この記事へのトラックバック一覧です: タム先生が京都で講演:

« ベトナムで「猿の惑星:創世記」を見逃す・・・ | トップページ | 映画『ブラック=スワン』について »