« ヌックルンのフェリー乗り場で | トップページ | タム先生が京都で講演 »

2011年9月10日 (土)

ベトナムで「猿の惑星:創世記」を見逃す・・・

 9月4日(日)にホーチミン市で自由時間があった。同行の女子学生は「お土産買い」に何度か出動したが、私は特にすることがなく、映画を見に行くことにした。

P1000873  日本では、10月初旬に公開予定の「猿の惑星:創世記」(Rise of the Planet of the Apes)が、ベトナムでは既に8月半ばから公開されている。ベトナムが日本よりも先行している。この事実を日本人は余り知らないように思われる。何でも日本が進んでいると思うと大きな間違いである。

 実は3月にも、東日本大震災が影響で日本公開が延期された「ロサンジェルス決戦」が、ベトナムで公開されていた。これは時間がなくてベトナムで見ることができなかったが、日本に帰国後に本家「ロサンジェルス決戦」の亜流版「バトル=オブ=ロサンゼルス」をレンタルビデオ店で借りて見た。

 本家の「ロサンジェルス決戦」が公開されていないのに、その亜流版がレンタルDVDとして発売されている。どうも順序が逆のような気がする。

P1000876  そして何よりも、上記の「猿の惑星」や「ロサンジェルス決戦」のように、ベトナム公開よりも日本公開が遅い理由は何か。何か「裏」があるのでは???と邪推してしまう。

 なお、事前に映画館に連絡して開演時刻まで調べたのに、入場券は売り切れであった。中国人街にあるパークソン百貨店内の映画館であった。

 映画館の入場料は曜日によって変化する。大人料金について月曜日・火曜日・木曜日:7万ドン、水曜日:6万ドン、金曜日・土曜日・日曜日:9万ドンである。国立大学の授業料が毎月30万ドンというから、学生にとって安いわけではないが、ベトナム人の若者の購買力は恐るべきである。当然、親は大変だな・・・と想像される。これについてベトナムと日本の事情は同じである。

 

|

« ヌックルンのフェリー乗り場で | トップページ | タム先生が京都で講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/41618786

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムで「猿の惑星:創世記」を見逃す・・・:

» ブログ [日記]
はじめまして!!! [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 13時05分

« ヌックルンのフェリー乗り場で | トップページ | タム先生が京都で講演 »