« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

日本から大学生がやって来た!!(4):ベトナム国境を陸路で渡る

 8月30日、ベトナムのモクバイからカンボジアのバベットまで、国境を歩いて日本人学生3名は通過した。

 (写真)ベトナム・モクバイの出入国管理所P1000581

 この経験は貴重であった。特にベトナム出国がややこしい。自動車を降りて出入国管理の窓口に行くまでにベトナム人多数が周辺に群がり、私がカンボジアに連れて行ってあげるとか、カンボジア側のカジノに案内するとか口々に声を掛けてくる。

 この誘いに乗れば、その後に何らかのお金を請求されるのは見え見えと感じられる。ベトナム出国やカンボジアビザ申請や入国など、普通に誰でもできると思うのだが、初めての国境を通過する観光客の不安を利用した「親切商法」である。

 それらを振り切って毅然としなければならない。私は「自動車がカンボジアで待っている」とか、「歩いて行く」とか「ベトナムもカンボジアもよく知っている」とかをベトナム語でわめきながら、周囲に群がる「親切なベトナム人」を振り切った。

P1000589 (写真)カンボジア・バベットの出入国管理所

 バス団体客の10冊にもなるパスポートの束が、私より遅くに出国管理のベトナム人職員の前のカウンターに置かれる。横からベトナム人がパスポートにお金を挟んでパスポートを置いてくる。この混乱は、厳格な空港の出入国管理では考えられない。

 手続きを「早くしてやる」からということで、ベトナム人職員がお金を要求するのではなく、ベトナム人が「早くして」とお金を渡す。これは新鮮な驚きであった。

 賄賂における犯罪は、賄賂を贈る(贈賄)側と賄賂を受け取る(収賄)側があって成立する。このカンボジア国境の状況を見ていると、贈賄側に問題がある。ベトナムにおける汚職防止は収賄側だけでなく、贈賄側をより厳しく犯罪として糾弾されなければならない。これがカンボジア国境の陸路通過での発見である。

P1000586 

 (写真)ベトナムからカンボジアに徒歩で国境を越える

 私の担当の職員は、無表情であったが、私の後からのパスポートではなく、私達のパスポートを取って普通に出国スタンプを押してくれた。その間、私は日本語でブツブツと「日本人をなめたらあかんで。ようさんODAをやとんねんからな。ちゃんとせな、シバクぞ・・・」などという「呪文」を唱えていた。その成果で?無事に通過である。

 もし職員が、お金を挟んだパスポートのお金を受け取らなければ、彼は表彰されてもよい。このように汚職をする職員を摘発するのではなく、汚職をしない職員を顕彰することがベトナムでは重要ではないか。贈賄側からの誘惑を断ち切る立派な職員が、もっと評価されてもよいと思われた。

 私は、以上のように学生を引率する部隊長として戦った。国境突破は簡単ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

日本から大学生がやって来た!!(3):ファミリーマートとG7マート

 8月29日、ベトナム・ファミリーマート山下社長に対して昨日の調査結果を1号店本社で報告した。日本人学生3名・ベトナム人学生1名が参加してくれた。ベトナム人学生は大学で講義が始まったばかりなので、なかなか休めないという実情があった。

P1000378 メモを熱心に取っていただいた山下社長のご様子から、この実態調査の成果は十分にあったと私には思われた。学生側からの提案や改善点の大部分について、すでに会社側は対応策を考えており、このことからも調査の的確性が高いことが示唆された。

 たとえばベトナム人学生から、日系企業なのだから日本製品や生鮮食品の販売を増やせばどうかという提案があったが、そういった品揃えの新店舗がすでに計画されているそうである。

 わずか1日の限定された時間の調査であり、その成果も限定的であったが、その範囲内でベトナム人と日本人の共同調査は有効であり、成功であったと思われた。

 ここからは、私の覚書を残しておく。

 チュン=グエン=コーヒーは、コーヒーの店舗展開で成功し、その後にコンビニ形態のG7マートの店舗展開をベトナムで最初に始めた。G7マートはボランタリーチェーンであり、各店の自主性が尊重されるものの、本部の指導力が弱かった。それに対してファミリーマートは本部直営店から始めるフランチャイズチェーンであり、その店員に対する教育は徹底し、それぞれの店舗経営は規律正しく統制されている。

 自発的組織(G7マート店舗網)と統制組織(ファミリーマート店舗網)が競争する場合、初期段階では後者が有力であると考えられる。事実、かつてのG7マートの調査では「もっと本部が指導してほしい」という店舗側からの要望が強かった。しかし、それに対応するスーパーバイザー(指導者)が量的・質的に十分ではなく、それがG7マート本社の悩みであった。

 そのG7マートを展開したチュン=グエン=コーヒーは、日本のコンビニ店であるミニストップと合弁する。この店名はミニストップであり、G7マートとは一線を画している。ファミリーマートにとって有力な競争相手の出現である。しかし両社の競争が、コンビニという業態の認知度をベトナムで高める相乗効果をもたらすであろう。一定の市場を奪い合う日本での競争と違って、これが成長市場ベトナムにおける競争の魅力である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

日本から大学生がやって来た!!(2):ファミリーマート実態調査

 8月28日(日)午前7時30分から午後5時まで密度の濃い一日だった。

 日本の大学生3名・ベトナムの大学生7名がホーチミン市内のファミリーマート8店舗をすべて訪問し、各店舗の①周辺環境・②顧客・③店員について聞き取り調査を実施した。
 

P1000495 

 (写真は、開店したばかりの8号店)

 ベトナムのコンビニ業態については、すでにG7マートが地元資本として先駆的に設立され、さらにサークルKが店舗展開している。しかし日本の本格的なコンビニの進出はファミリーマートが初めてである。『日経ビジネス』(2011年8月22日、26~28頁)においても、ベトナムのファミリーマートが取り上げられているので参照されたい。

 本ブログでも以前にベトナムのファミリーマート店を紹介したが、その当時は店内におにぎりやサンドウィッチは販売されていなかった。特徴のない商品が清潔感のある店舗で販売されているだけという印象であった。今回の店舗訪問では、おにぎりとサンドウィッチが注目であり、また人気であることがわかった。その店舗独自の商品があってこそ、店舗の魅力が生まれ、店舗それ自体が活気づくということを実感した。 

 8月25日に開店したばかりの8店舗を含めた調査は間違いなく日本初である。もちろんビナ・ファミリーマP1000521ート社の山下社長のご理解と、ベトナム人学生の協力がなければ実現しなかった。さらに店員の皆さんの親切な対応も好感がもてた。皆さんに感謝の気持ちである。

(写真は、全8店舗を回り終えた記念撮影)

 この調査結果(現状分析・課題・改善提案)を翌日29日に山下社長に聞いていただいて、意見交換する予定である。大学生にとっては、いきなり実態調査し、その次に説明を受けるという体験は貴重であると思う。通常は説明を受けてから、その実態を見学するという手順が一般的だからである。

 ただし、まったくの予備知識なしの実態調査はありえないから、事前にコンビニ関係の本を読んでおくように指示し、ホーチミン市に到着してからは、TAX百貨店・ロッテ-マート・サークルKなどを見学した。女子学生はベンタイン市場も短時間ではあるが見てきたそうである。

  この調査結果について、いずれ発表したいと思うのが学者的な発想であるが、山下社長に聞いていただくことだけで今回は十分ではないかと私は思っている。私の担当科目「アジアビジネス特講」の副題は「アジアで「実学」を追究する」である。本来の「実学」とは経営実践に役立つことであって、それは一般に発表できないことである。このように考えれば、今回の実態調査は、私の「実学」追究の方向性の一つの実験と位置づけることができる。

 なお、今回のファミリーマート訪問の行程表(ロジスティック)を作成したのは、ベトナム人学生である。店舗間の距離と時間が明記され、その行程表の通りに調査を実施することができた。実に精緻な内容であった。この学生とは、(社)日本ベトナム経済交流センターのHPで「ベトナム大学生通信」の執筆を担当してくれている人文社会科学大学のチンさんである。その交流関係があってこそ今回の学生交流が実現した。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月28日 (日)

日本から大学生がやって来た!!(1):「アジアビジネス特講:「実学」を追究」

 私が担当する「アジアビジネス特講」という科目は、学内のみならず、大学が位置する神戸学園都市の近隣大学からも受講できる。毎年、この講義の受講生の希望者をベトナム・ラオス・カンボジア方面に引率している。もちろん参加の有無は成績に影響しない。そのこともシラバス(=講義要項)に明記している。 

  通常はラオスで清掃ボランティア活動をするのだが、今年は東日本大震災が日本で発生した事情もあり、来年の清掃活動の準備の年ということで「お休み」にした。清掃ボランティア活動は、ラオスよりも東日本でより必要性は高いと判断したからである。

 そもそも、このラオス清掃ボランティア活動は、ダイエー創業者である故・中内功(大学初代理事長)の提案によって始まっている。「何かラオスでボランティア活動をしないか?・・・」「最低10年は続けなあかんで・・・」。こういう私と中内功の会話があった。

 当時の大学3年生の大須賀くんのアイデアに基づいて、専門の知識を必要としない達成感のある活動というコンセプトで始まった活動である。第1回目の2003年には日本大使館から当時の橋本特命全権大使やピッサマイ科学技術庁長官も清掃活動に参加していただいている。また「アセP1000358アン交流年2003」の記念事業にも認定された。

 (写真は、ホーチミン市ロッテマート前の日本人学生3名)

 現在のラオスでは自主的な清掃ボランティア活動組織が維持されているし、またプラスチックの袋を減量する目的のエコバック持参運動も継続している。これらは私たちの活動が少しばかりの影響を与えていると思われる。来年は10年目の最終年として大きな事業にしたいと思っている。

 さて今年は、上記の受講生の中から2名、それに関係する学生1名、合計3名の大学生の参加希望があった。兵庫県立大学2名、甲南大学1名という内訳である。 

 第2の写真は、ベトナム人学生がお勧めの海鮮料理店での懇親会である。ベトナム人で賑わう安くて美味しい店であった(DIN KY: 137 C Nguyen Trai)。テーブルを囲むのは、ホーチミン市人文社会科学大学・日本語学科ベトナム人7名と日本人3名である。当初ベトナム人6名の予定であったが、後輩の1年生が1人加わっている。いろいろなことがあるのはベトナムで当然であって何ら問題ない。ベトナム人6名の中で今年9月の卒業生が4名、新4年生が2名でP1000369ある。日本人3名の内訳は4年生1名、3年生2名。ちょどよい組み合わせである。 

 

 さて、日本人3名とベトナム人6名が一緒になってホーチミン市で何をするか。次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年8月27日 (土)

「セーの滝」で「象さん」に乗る

 静穏のラオスから喧騒のホーチミン市に戻ってきた。

 ラオスのルアンパバーンでは『地球の歩き方』には掲載されなくなった「セー(SAI)の滝」を訪問した。この滝は私のお気に入りの訪問先のひとつで、2001年のラオス初訪問以来、時間があれば、その発展の様子を見に行っている。確か2002年には女優の三林京子さんをお連れした。

P1000263 『地球の歩き方』からセーの滝が消えたのは、その滝に到着するまでの安全性に問題があるからだと思う。小さな小舟に乗るのだが、特に救命胴衣があるわけではなく、船頭の腕を信用するほかない。もし船が転覆とでもなれば、川の流れは速いので、おそらくアッという間に数キロは流されてしまうのではないか。間違いなく危険な観光地である。

 このブログでも数年前に「セーの滝」は紹介しているはずである。今は雨期で滝の水量が豊富であるが、2月や3月の乾期には水が枯れてしまう。その風景もまた新鮮な驚きである。この乾期には、水に含まれる石灰質が樹木の枝や根に付着・乾燥して白い造形を見せる。 

 ルアンパバーンのホテルで自動車やツクツク(三輪オートバイ)を頼めば、市内から25キロメートルで「P1000271セーの滝」の村まで連れて行ってくれる。7人乗り自動車で1台35ドルであった。そこからは、小舟のチケット(1人1万キープ)買って、さらに滝の入り口で入場料(1万5千キープ)を払う。小舟は下の写真のように、指定の時刻まで、または帰るまで待っていてくれる。

 注:3月のラオス訪問時には1ドル=8千数百キープであったが、今や1ドル=7千台に突入した。ラオスの対ドルのキープ高については、岩井証券のHPの私のレポートで「オランダ病」として説明している。

 この小舟の入場券の販売所ができたのは最近である。今までは船頭との直接交渉であった。

 また、この「セーの滝」で象に乗れるようになったのは、4・5年前だったと思う。次第に観光地としてのメニューが増えてきた。象にのるには15ドルと高いが、一生懸命に歩いてくれる「象さん」の維持管P1000242理には必要なのだと納得できる。

 私は生まれて初めて象に乗ったが、背中から「ガンバレ・ガンバレ」と声を掛けたくなるし、やはり「象さん」と「さん」づけして呼ぶのた適当な気がする。象は、人間にとって不思議な感覚が生まれる動物であると思う。映画「アレキサンダー」では象が軍用として使われる場面があったが、実際に象に触れてみると可哀相に思えてくる。

 以上、「セーの滝」の訪問記であるが、けっして安全な観光地ではないことを重ねて強調しておきたい。「過度の好奇心は身を滅ぼすことがある」。私の海外旅行時の鉄則であるが、こればっかりは、ヤメられん・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

今、ラオスです

 いつもの外国出張では自分の時間があるので、ブログを毎日更新してきましたが、今回はベトナムでもラオスでも同行者がいます。

P1000156_2   写真はビエンチャン・メコン川の夕陽

 ベトナムでは島根県庁と島根産業振興財団の皆さん3名、ラオスではハノイのハイハコトブキ元社長の鈴木徹弥さんです。これらの方々は、それぞれ初めての訪問なので私がご案内することになります。それは、けっして迷惑ではありません。いずれも、私の方からご一緒にとお願いした方々です。しかし自分の自由時間がないことは事実です。

 8月20日からラオスに来ています。今は、ビエンチャンからルアンパバーン。ご出張中のJICA専門家の朝倉俊雄さん(元ハノイJETRO所長)にお目にかかり、ラオスの貿易促進についてお話を伺いました。こちらでJICAセミナーを開催されているそうです。

 時間は前後するのですが、ビエンチャンのラオプラザホテルでは、人材派遣の協同組合の理事長である前田さんと、旧知の友人である曹さんにも偶然にお目にかかりました。前田さんは、私の自宅のご近所が実家です。曹さんには、私の大学でも講演していただいた若手経営者です。ベトナムやラオス方面で仕事を展開されています。

 日頃は日本でもお会いできない人に偶然にラオスで会う。不思議な出会いにご縁を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

今、ホーチミン市です

 とりえず、ハノイからホーチミン市に移動していることをお知らせいたします。

 連日の企業・団体訪問で時間がありません。

 また時間に余裕ができれば、ご報告したいと思います。

P1000014  写真はハノイ駅。この駅ビルには、ロッテリアが入居しています。

 日本でも韓国でも駅ビルの商業活用は有効ですが、果たしてベトナムでは成功するでしょうか。

 先行投資とみなされますが、果たして収穫期がいつ来るかどうか。その動向に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

ハノイに戻り考えたこと

 8月12日からハノイに来ている。日本より快適な気候だ。「ベトナムは暑いでしょう」という先入観や思い込みを持つ日本人は多い。この気候と同じように、さまざまな面でベトナムを誤解しているのではないか。

 このように私は思っていたが、最近は逆に、多くの日本の人々が日本自身のことを誤解しているのではないかと思うようになった。

 日本は四季があり、快適で安全な国だというのだが、実際には夏は酷暑、冬は寒いし、それに合わせた服装に余分な費用もかかる。安全ということについては、今年の東日本大震災や原発事故を考えれば、日本在住の外国人が逃げ出すほどに日本は危険な国となった。

 中国高速鉄道の事故隠蔽は世界的な醜聞だが、たとえば九州電力の「やらせ公聴会」も同類であり、隠蔽体質の悪質度について程度の相違ということではないか。

 日本の最高学府の頂点である東京大学の教授が原子力発電を擁護している発言などを聞くと、日本の学術それ自体の権威も失墜である。

 このように考えれば、日本という国の「神話」は崩壊したのではないか。これは自虐的と言うよりも、現実を客観的に見てほしいということだ。日本に対する思い込みや先入観から脱却する。そこから若い人は勉強を始めなければならないと思う。

 そうなれば、日本の枠組みを超えた仕事や生活も考えられる。このような新しい時代になったのかもしれない。私は直感的に、今の円高は、この時代の転換期の象徴であり、おそらく最後の円高になるのではないかと思う。

 日本の仕事はダメでも、チャンスはベトナムにあるかもしれない。視野を世界に拡大すれば、自己実現できる活躍の舞台は多数見つかるに違いない。

 就職活動中の大学生や、これから就活を始める大学生は、以上のような意味で、この夏休みに世界を見てほしいと思う。

 世界で活躍するためには、まず語学力が必要だ。これも「神話的」な日本人の思い込みである。多数の欧米人が日本に来て働いているが、すべてが日本語を理解しているだろうか。語学力の優秀な日本人が、仕事も成功しているのだろうか。語学力よりも仕事力が重要なことは当然であろう。

 ベトナムでも日本語だけで仕事できる企業は多数ある。顧客が日本人であったり、日本語の使用を求めているからだ。日本語で仕事しながらベトナム語や英語が自然に使えるようになる。本当にそうか。まず自分でやってみないとわからないではないか。

 ハノイに来て、こんなことを考えた。日本では、考えても書く時間がなかった。ハノイ生活の効用である。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月11日 (木)

岩井証券の私のレポートから

 このブログに私見を書く時間が少なくなってしまいました。それには理由があって、最大の理由は私の健康上の問題です。

 このように言えば、私が何か病気になったのかと思われるかもしれませんが、そうではなく、病気予防を目的とした健康上の理由です。あまり無理な仕事はしない。それは健康を害するかもしれない。 このような理由です。

 そうは言っても、以下のようなレポートを毎週書いてきました。私のような拙文を東証上場企業である岩井証券のHPに掲載していただけることが光栄と思っています。

 ぜひ、ご関心のテーマについてご笑覧ください。参照 http://www.iwaisec.co.jp/

2011年08月11日:ベトナム株価の展望:中長期的な視野が必要である

2011年08月04日:中国と違うステージでベトナムは経済発展する!!

2011年07月27日:「自由貿易の罠」と「アセアン市民」

2011年07月19日:ラオスは「オランダ病」を回避できるか?

2011年07月08日:ベトナムは「中所得国の罠」を回避できるか?(完)

2011年07月04日:ベトナムは「中所得国の罠」を回避できるか?(中)


2011年06月27日:ベトナムは「中所得国の罠」を回避できるか?(上)


2011年06月20日:ベトナムの重要なパートナー国は?

2011年06月09日:南シナ海の領有権問題:ベトナムと中国の関係

2011年05月30日:ベトナムの株価下落:どう考えるか?

2011年05月23日:ベトナム最高層ビルからの眺望

2011年05月20日:ラオスの変貌:公園都市ビエンチャン

2011年05月13日:TPP加盟の背景:ベトナム縫製業の場合

2011年05月06日:ベトナムの4連休:コンソン寺を訪問

2011年04月26日:ベトナムの皆さんのご支援に感謝いたします

2011年04月20日:ベトナム株式市場:今こそ投資の好機ではないか?

以下、バックナンバーがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

大変な7月が終わった・・・

 7月は近年にない大変な1ヶ月であった。

 1週間のラオス講義、東京で2回、名古屋と京都で1回の講演。そのほかに会食が2回。それに加えて通常業務で期末試験の問題作成や採点があった。

 そして8月になって円高が進み、米国債の格付けが下がった。これを経済的枠組みの大きな変更とみなすか、または一時的な現象とみなすか。今後のビジネス戦略にとっては重要な問題である。

 多忙さから少し抜け出して、戦略を考える8月としたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »