« 今週からの予定:艱難辛苦の日々 | トップページ | アジアに関する東京と大阪のセミナーご案内 »

2011年6月26日 (日)

韓国映画「戦火の中へ」を再び見る

 朝鮮戦争を舞台にした韓国映画「戦火の中へ」を自宅で見ている。
参照 http://www.intothefire.jp/

 すでに同作品を映画館で見ているが、映像から学ぶためには何度も見ることが重要であるという私の信条から、DVDで再び見ている。

shineshine:私の高校・大学時代、朝からお弁当を持って最終回まで映画を繰り返して見た。特にお世話になったのは心斎橋の戎橋劇場であった。それは洋画の二番館であったが、まさに我が青春時代の思い出の場所である。当時の総入れ替え制の映画館と言えば、大阪ではシネラマのOS劇場だけであった。それが、いつの間にか映画館全部が総入れ替え制になってしまった。DVD販売促進のためには当然かもしれない。

 さて、「戦火の中へ」の秀逸は、姜(カン=ソクテ)大尉役のキム=スンウであると思う。彼は、テレビドラマ「アイリス」でも重要な役割をしていたが、ともかく格好いい。朝鮮戦争で韓国軍の大尉ということは、おそらく日本の陸軍士官学校の出身ではないかと思われる。こういった場面が少しでもあると、より親近感を日本人は持つことができる。

 この「格好いい」ということでは、おそらく北朝鮮軍のパク=ムラン少佐が勝っているし、そのような映像になっている。しかし現実離れしているように思われる。それにしても最近の韓国映画の中で描かれる北朝鮮は、いろいろ問題はあるにせよ、それなりに高く評価されている。同じ民族の北朝鮮を最悪に描くことは、民族感情として韓国人は不快になって当然であろう。

  「戦火の中へ」を何度も見る価値または魅力は、「困難に立ち向かう気力」を見る者に与えてくれることである。圧倒的に不利な情勢の中で最大限に努力する。土壇場に追い込まれた状況下でも全力の敢闘精神を発揮する。熱い気持ちを持ちながらも職業軍人(プロフェショナル)として冷静に行動する。「戦火の中へ」から私が学んだ主要なことは以上のようなことである。

 なお、カン大尉を見ていて、山本薩夫監督「戦争と人間」の柘植(つげ)進太郎中尉(高橋英樹)を想起した。職業軍人としての共通点のみならず、その人間愛に類似点がある。柘植中尉は台湾の過酷な植民地政策を批判し、その後の参謀本部では対中国戦線不拡大を主張した。さらに中国における細菌兵器開発の731部隊も批判した。その結果、ノモンハンの前線指揮官として「死守」を命令されて戦死する。

 柘植中尉とはカン大尉は共通して職業軍人としての規律を堅持しながら、人間愛を合わせ持っている。ただし「戦火の中へ」の戦場でカン大尉は「死守」を主張し、上官から「撤退」を命令される。これに対して「戦争と人間」の柘植中尉は「撤退」を具申しながら、上官から「死守」を命令される。このような日本軍と韓国軍の対比も興味深い。韓国軍が日本軍よりも人間性を持っていると結論してよいのか。さらなる検討が必要である。

 以上、「戦火の中へ」は私にとって常備するべきDVD(ブルーレイ)となった。

 

 

 

 

|

« 今週からの予定:艱難辛苦の日々 | トップページ | アジアに関する東京と大阪のセミナーご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/40622192

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画「戦火の中へ」を再び見る:

« 今週からの予定:艱難辛苦の日々 | トップページ | アジアに関する東京と大阪のセミナーご案内 »