« 少しばかりの矜持・・・こだわり・・・二木雄策先生のこと | トップページ | 想起せよ:戦艦大和と紫電改 »

2011年6月10日 (金)

ラオスでの石井マス子さん

 『朝日新聞』(大阪夕刊、2011年6月9日)の2面を見て、正直に言って驚いた。2007年夏に一緒にラオス清掃ボランティア活動に参加された石井マス子さん(71歳)が、写真入で紹介されていたからである。

 当時は神戸にお住まいであったが、現在は鳥取県智頭町に移住されているそうである。しかし笑顔は当時のままである。この記事が「人生の楽園:夢への道」となっており、6月11日午後6時から朝日放送でも放映される。ぜひテレビを拝見しようと思う。

 新聞やテレビで取り上げられる石井さんをラオスにお連れしたことが光栄である。ラオスでの石井さんに対する私の印象は、かわいい「おばあちゃん」。そして大学生に劣らず、またそれ以上に好奇心が旺盛で

 そのご経歴や生活について、根ほり葉ほりお聞きしていなかった。あくまでもラオスでのボランティア活動なので、それ以外のことは二次的である。

 以下、ラオスの石井さんの様子を写真でご紹介する。新天地の鳥取でますますのご活躍とご健康をお祈りしたいと思う。

Dscn0162  

ラオスの凱旋門(パツーサイ)の前

左端が石井さん。

Dscn0227

中学校の生徒と一緒に清掃活動をした

|

« 少しばかりの矜持・・・こだわり・・・二木雄策先生のこと | トップページ | 想起せよ:戦艦大和と紫電改 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/40344327

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスでの石井マス子さん:

« 少しばかりの矜持・・・こだわり・・・二木雄策先生のこと | トップページ | 想起せよ:戦艦大和と紫電改 »