« SON CON寺の遠足:ニワトリとブタの悲惨な話 | トップページ | 「ハノイ猛虎会」の飲み会に乱入 »

2011年5月 1日 (日)

公園都市ビエンチャン:整備されるメコン川周辺(1)

 5月1日(日)にハノイからラオス・ビエンチャンに移動した。ラオスでは、やはり5月1日は「メーデー」で祭日。ラオスの英字新聞によれば、1000人規模の労働者パレードがパツーサイ(凱旋門)の通りで行われた。

Cimg4295  私の到着は午後6時前のベトナム航空=ラオス航空の共同運行便である。宿泊はラオプラザホテル。このホテルは、ラオス最高の5☆ホテルであり、秋篠宮殿下など外国VIPの定宿である。

 このホテルに2001年9月から12月に4ヶ月の長期滞在をした。JICA短期専門家としてである。最近、JICA予算も削減され、このような贅沢はなかなかできないのではないかと思う。しかし私にとって、このホテルは懐かしい思い出の詰まったホテルである。そうなると、やはりラオプラザに戻ってきてしまう。

 その翌日にメコン川まで徒歩で行ってみて、ともかく驚いた。広大な公園が整備・完成していた。かつての素朴なのんびりした風景は歴史となった。今後、ビエンチャンは庭園都市としてアセアン諸国の中で輝きを増すのではないか。(続く)

|

« SON CON寺の遠足:ニワトリとブタの悲惨な話 | トップページ | 「ハノイ猛虎会」の飲み会に乱入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/39904239

この記事へのトラックバック一覧です: 公園都市ビエンチャン:整備されるメコン川周辺(1):

« SON CON寺の遠足:ニワトリとブタの悲惨な話 | トップページ | 「ハノイ猛虎会」の飲み会に乱入 »