« 元気にしております「へうげもの」 | トップページ | 「ベトナム大学生通信」が連載開始 »

2011年5月25日 (水)

「神戸文化ホール」大ホールでの講演

 神戸市教育委員会が主管する「老眼大学」で講演をした。テーマは「アジアの国境を越える:日本の現状と展望」である。以下、とりあえず写真を参照。

Ts3r0076 午前と午後で合計3千人の受講生を前に講演した。このような多人数での講義―講演と言うべきだろう―は初体験である。

 最も印象に残ったのは、受講生の反応である。ドーッという低音の振動を伴うようなドヨメキが講義の所々である。自分の講義が「ウケている」と実感することができた。これは快感である。

 こうなれば、ウケ狙いの「ギャグ」連発である。・・・少しこれは事実と異なった言い過ぎであるが・・・。

 そのいくつかを以下で紹介してみよう。

 なお、老眼大学とは次の意味である。私も最初は当惑したが、説明を聞けば、なるほどと納得できる。

 老眼大学の「老」は大老・長老など、人生経験が豊富で世間から尊敬される老人の老を意味し、「眼」は心眼・慧眼など、物事の善悪真偽や要点を鋭く見分ける優れた力の眼を意味する。昭和36年に開講以来40年の実績を誇る。

Ts3r0081 まず講義の内容では、人口の年齢分布を日本・ベトナム・カンボジア・ラオスで比較した図表の反響が大きかった。日本は「少子高齢化」で特徴づけられるのだが、それに比較してベトナムの労働人口は、今後30年間は安泰である。

 そのベトナム人が成長性のある国として、カンボジアやラオスを認識している。その一つの事実として、きれいなピラミッド型の人口分布を示すカンボジアそしてラオスの図表を示した。これは、受講生に対して説得力があった。

 受講生が60歳以上で、最高年齢は90歳を超えていると事前に担当者からお聞きしていたので、日本の「少子高齢化」は恐るに足らず。健康で長生きして一緒に「アジアの国境を越えましょう」と私は呼びかけたが、それに「うなずく」受講生も多かった。

 「ギャグ」で言えば、TPP(環太平洋経済連携協定)の話である。「TPPと言っても、何も下痢してる話ではないですよ!」。受講生の皆さんは、このシモネタにも親切に対応して頂いて、笑いを取ることができた。Ts3r0085

 おそらく大学生の受講生なら、「何いうとんねん。このおっさんは・・・」という反応ではないかと思う。大人の寛大な受講生に感謝しなければならない。

 このような大舞台での講演では、舞台の向かって左手から右手の講演台まで舞台の上を歩かなければならない。これは緊張した。ポッコリ腹の肥満体を多数の人々の前に晒さなければならない。自己嫌悪である。

 こういう大きな講演が日常なら、かなり減量に熱心になれると思われた。やはり自己を励ます状況がなければ、なかなか減量はできないのではないか?

 主催者には最初に、「講義が終われば、やはり手を振った方がよいのですか?」などとミーハーな愚問をした。「これまでの講師ではイーデス=ハンソンさんが手を振られていましたよ」と丁寧に回答をいただいた。結局、熱心な受講生のおかげで気持ちよく講義できたので、思わず両手を挙げて最後の拍手に応えた。この快感、やめられんな・・・と思った。

|

« 元気にしております「へうげもの」 | トップページ | 「ベトナム大学生通信」が連載開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/40174481

この記事へのトラックバック一覧です: 「神戸文化ホール」大ホールでの講演:

« 元気にしております「へうげもの」 | トップページ | 「ベトナム大学生通信」が連載開始 »