« 4月29日からベトナムとラオスです | トップページ | 公園都市ビエンチャン:整備されるメコン川周辺(1) »

2011年4月30日 (土)

SON CON寺の遠足:ニワトリとブタの悲惨な話

 4月30日は祭日。北ベトナム軍が1975年に南ベトナムを解放した日である。その翌日は5月1日。いわゆる「メーデー」の祭日である。この2連休が土曜日と日曜日に重なるために、その後の5月2日(月)・3日(火)がベトナムでは振り替え休日となった。

 この4Cimg4253連休の30日はハノイ郊外のソンコン寺に遠足、その後はラオスを訪問することにした。ソンコン寺の遠足の様子は別の機会で紹介したので、ここでは昼食の様子を紹介したい。ニワトリとブタの屠殺の現場を紹介する。

 一般にベトナム人運転手は道路やその沿線の食堂の事情は詳しい。「美味しくて安い所に行こう」と言えば、ほとんど適当な場所に連れて行ってくれる。この場合、もちろん運転手と一緒に食事をして、栄養ドリンク1本を買ってあげて「ありがとう、頑張ってね」などと言う。ベトナムで運転手と遠くに移動する時の私流の方法である。

 写真の左の男性は、ニワトリの羽を取っているところである。丸い金属製の容器は洗濯機のようになっていて回転し、上から水を流す。熱湯で殺害されたニワトリは、この中でCimg4248自然に羽がむしられて、水とともに羽が下から出てくる。

 20年前以上ネパールでニワトリの首が切られるのを見たことがあるが、ベトナムでは静かに屠殺される。

 ブタは、かなり可哀相である。食事をしていて「ヒーヒー」という鳴き声が聞こえてくる。いくら私の好奇心が旺盛といっても、ちょっと遠慮したい光景であろうと想像された。その後の遺骸を見れば、おそらくノドを切られたようである。

 Cimg4260 鮮なニワトリは、歯ごたえと深い味わいのあるローストチキンとなる。もちろん地鶏である。

 これを肴にして、好物のハノイビールで昼の一時を過ごす。日本では考えられない贅沢である。

 この店、左の写真を参照である。店名は、バッカン(BAC CAN)食堂。テーブル席も座敷席もある。おそらく日系企業の日本人であろうと思われたお2人も食事をされていた。地元では有名店であろうと思われる。

 

|

« 4月29日からベトナムとラオスです | トップページ | 公園都市ビエンチャン:整備されるメコン川周辺(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/39904197

この記事へのトラックバック一覧です: SON CON寺の遠足:ニワトリとブタの悲惨な話:

« 4月29日からベトナムとラオスです | トップページ | 公園都市ビエンチャン:整備されるメコン川周辺(1) »