« 関西空港からハノイに行きます | トップページ | ラオスに移動して考えたこと »

2011年3月13日 (日)

SBI証券がFPT証券の株式を取得:ハノイ最新情報

 福島の原子力発電所の建物が「爆発」したというニュースをハノイで聞いた。津波より以上に衝撃的なニュースである。

 最悪の場合、放射能を含んだ飛沫が周辺地区に運ばれないのだろうか。こういう緊急事態の場合、政府発表を信頼せざるをえない。しかし映画やテレビで見るように「国民に動揺を与えないように情報を秘密にする」ことも考えられないこともない。自己責任で自分の安全を守らざるをえないのではないか。

 今後の推移はハラハラ、ドキドキである。何が起こっても不思議ではない。何としても日本人の技術力・経済力・優秀性を世界に見せてほしいと心から思う。今こそ政府の指導力が問われている。そして復旧担当の最前線の人々に敬意を払わなければならない。

 さて、ハノイでも私の周辺のベトナム人は巨大地震の情報を知っていて、必ず声をかけてくれる。日本に子弟を留学生として送っている人々もいて、それは心配だと思う。早急に全体の被害の把握と、被災者の支援が切望される。また、われわれ自身が何か行動するべきであると思う。

 さて、この巨大地震の報道で、通常は注目されるべきニュースが掲載されていない。この1つに表題のニュースがある。

 Viet Nam News, March 12, 2011によれば、ベトナムのFPT証券は1,100万株を日本のSBI証券に割当増資し、登録資本金が5,500億ドン(2,620万ドル)になることを10日の株主総会で発表した。

 株式は1株45,000ドン(2.14ドル)で売却され、1年以内は他に譲渡できないことになっている。FPT証券は、本年の第1半期に取引が完了することを期待している。

 株式市場が低迷している中で相対的に高値の株式発行は、同社の将来の発展に関するSBI証券の高い評価に基づいているとFPT証券のツン(Nguyen Diep Tung)会長は述べている。

 「2社はいくつかの類似性を共有しており、特に発展戦略についてわれわれは容易に一緒に仕事ができる」と同氏は指摘している。両社は、個人投資家とオンラインビジネスの促進に焦点を当てている。

 FPT証券によれば、増資による資金は、新商品の開発と従業員の教育に加えて増加する顧客の需要を満たすための技術更新のために使用される。また同社は、本年に上場を計画している。

 本年最初の2ヶ月に同社は、180億ドン(85万7,200ドル)以上の税引き前利益を達成し、それは1年間の利益目標の10%に相当する。2011年に同社は、売買代金と税引き前利益の目標を下方修正しており、売買代金は4%以上下落して3,530億ドン(1,680万ドル)、税引き前利益は14%下落して1,810億ドン(860万ドル)となることを予想している。

 また投資家口座数は、昨年の54,648口座から70,000口座に増加すると計画されている。

 昨年、FPT証券の利益は予想より56%以上も増加し、2011年6月30日前に5%の現金配当を支払うと予定されている。

flairコメントflair

 以上の記事が正しいとすれば、SBI証券の株式取得金額は2345万ドル(1ドル=85円として約20億円)である。また株式総数に占める所有比率は25%となる。

 (注:額面価格が1万ドンとすれば、SBI証券の所有する額面の登録資本金額は1100億ドンとなり、その総額5500億ドンの25%となる。)

 この取引、私見では安い買い物である。ベトナムで最先端のコンピュータ取引システムを導入していると思われるFPT証券は、今後ますます注目されて当然である。

 FPT証券の本社はハノイに立地しているために、どちらかと言えば、その企業価値が過小評価されていた。また、FPTの本業であるコンピュータのソフト開発やその人材育成の観点から見て、証券会社の設立は本業から逸脱しており、そのために経営資源が分散するということでFPTの株価が大幅に下落したことがあった。しかし、情報技術の応用分野として証券業に進出することは、必ずしも本業逸脱とは言えず、むしろ「範囲の経済性」を狙った適切な先行投資と考えることもできた。

 SBI証券は、カンボジア進出に続いてベトナムに足がかりをもった。同社の積極的なアジア戦略が注目される。また将来、FPT本社の情報技術力を活用できる可能性もある。この意味で「安い買い物」と私は直感した。

 

|

« 関西空港からハノイに行きます | トップページ | ラオスに移動して考えたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/39211099

この記事へのトラックバック一覧です: SBI証券がFPT証券の株式を取得:ハノイ最新情報:

» バック かばん 激安 格安 市場 [バック かばん 激安 格安 市場]
これくらい知ってるよね?何と!バック かばん 激安 格安 市場 サイト 売買 [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 17時56分

» SBI フラット [末っ子の取扱説明書]
新PC環境で作業中 したりめんどくさい。 とりあえず無料ソフトは最低限必要なものとして、 firefox、鍵穴、Word,Excel,Power point viewerだけインストール。 (厳密には無料ではないが、HYPER SBI(投資用ツール)もインストール) あとは、必要に応じてでいいかな。 しかし話はずれるが、3DSって余って ハノイ情報:SBI証券がFPT証券の株式を取得 : 以上の記事が正しいとすれば、SBI証券の 株式取得金額は 2345万ドル(1ドル=85円として 約20億円 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月24日 (木) 03時14分

« 関西空港からハノイに行きます | トップページ | ラオスに移動して考えたこと »