« 訃報 永野忠さんを偲ぶ | トップページ | 中小企業にとって海外進出はベトナム(2):日本側の事情 »

2011年2月28日 (月)

ベトナム料理店:神戸三宮のタン=カフェは面白い

 神戸・三宮駅から徒歩3分の美味しいベトナム料理店がある。名前はタン=カフェ。私は2回目の訪問である。

 ・・・・・・
 Thang ☆ Cafe 電話 078-391-0335
 サンプラザ地下1階。
 ・・・・・・

 先週末に上記のタン=カフェに1人で夕食に立ち寄った。この日は就職活動3年生のための面接訓練が大学であった。私は面接者の役割である。その後は、研究室の整理・整頓・掃除を少しばかり試みた。5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は、日本企業のビジネスの基本であるが、その実行は難しいと実感できる。

 タン=カフェでは、生ビール・生春巻き・牛肉炒め・フォーガー(鶏肉の米粉麺)を注文した。これは注文過多。満腹、満腹。これで2,500円ほどである。いろいろなベトナム料理を1人で楽しめコースもあればよいのだが、この店は少なくとも2人以上の来店がお勧めである。

 もっとも、お酒を飲んだ「仕上げ」のフォー(米粉麺)の注文は推奨である。日本人、特に関西人の味覚に合った薄味が嬉しい。

 タン=カフェの印象は次の通りである。

 1.お客に若い日本人グループが多い。私のようなおじさんには元気がもらえる。⇒三宮地下(サンチカ)の人気店であると思う。

 2.ベトナム人店員は元気で楽しい。これも好感。⇒日本語の達者なベトナム人がベトナム人料理スタッフにベトナム語で大声で注文を伝える。この雰囲気が楽しい。

 3.ハノイというよりホーチミン市の大衆店の味と雰囲気を感じる。⇒この店の雰囲気はハノイというよりもホーチミン市である。ハノイでも店員が元気な店は多々あるが、どうも何となくホーチミン市の飲食店のような印象を受ける。

 4.最近流行のフランス風の高級ベトナム料理店とは異なった美味しい味が楽しめる。⇒わいわいと騒がしい。これが愉快とも不愉快とも感じられる。これがベトナムである。少し気取ったベトナム料理店も悪くないが、本場の雰囲気はタンカフェである。

 5.何でも要求して何とか対応してくれるベトナム流の雰囲気を楽しめる。⇒フォーガーが出てきて、本場の「生ライム」の切片がなかった。この酸味がフォーでは不可欠の味である。親指と人差し指の指先を何度か合わせたジェスチャーを送れば、レモンの切片が出てきた。嬉しい接客である。

 以上、タンカフェは三宮でお勧めのベトナム料理店である。 

 

|

« 訃報 永野忠さんを偲ぶ | トップページ | 中小企業にとって海外進出はベトナム(2):日本側の事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/39031037

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム料理店:神戸三宮のタン=カフェは面白い:

« 訃報 永野忠さんを偲ぶ | トップページ | 中小企業にとって海外進出はベトナム(2):日本側の事情 »