« ベトナム共産党書記長フーチョン氏に関して | トップページ | ラオス株式投資に注目:長期投資に最適 »

2011年1月24日 (月)

中国の地図

 日本滞在の中国人の知人からビジネスに関する資料を受け取って、「最後のページは中国の地図です」という説明を受けた。

 それを見ると、北は黒龍省から南は南沙群島さらに曽母暗沙まで明記されている。私は「この地図をベトナム人に見せたら、絶対にベトナム人は怒るよ」と述べたが、その中国人は「ああそうなんですか」という反応であった。要するに無関心である。

 この中国の地図を後にしっかり見れば、台湾はもちろん釣魚島赤尾屿も含まれていたから、日本人として、まず、そのことを指摘すべきであったと気がついた。

 日本語を話し、日本に滞在する中国人ですら、領土問題については以上のような認識であり、さらに私も最初に気がつかなかったのだから偉そうに言えない。これは深く反省である。

 こういった地図を幼い頃から見せられる中国人は、おそらく実際には紛争中の領土であっても、それを自国の領土と思うに違いない。

 少なくとも日本に留学する中国人には、こういった紛争中の日本と中国の問題を教育しておく必要があるのではないか。このような中国の地図を参考資料として見せられて、それだけで反感を持つ日本人は多く、それがビジネス=商談にも影響を及ぼさないことはないと思われる。

 政治と経済の分離を考えるなら、中国人のビジネスパーソンは、日本人と商談する場合、以上のような政治=領土問題にも配慮した説明がなされるべきである。

 ただし、この問題は奥深い。たとえば中国に進出した日本企業が、自社の中国全土の支店網や店舗網を記載した中国地図を描くことはあるだろう。この中国の地図に、上記の釣魚島を含めるのかという問題がある。「この地図には釣魚島が描かれていませんね」と中国の取引先から指摘されたら、日本人の担当者は何と答えるべきなのであろうか。政経分離を考えれば、「すいません。忘れていました」と謝ってお茶を濁すのであろうが、日本人としては大いに問題である。

 日本と中国の政治問題は悩ましい。円滑な経済の相互発展のためにも、日本と中国の政治的な外交関係の改善が求められる。たかが1枚の地図であるが、それは、まさに日本政府の外交力を問う問題を秘めている。

|

« ベトナム共産党書記長フーチョン氏に関して | トップページ | ラオス株式投資に注目:長期投資に最適 »

コメント

初めまして

日本語教室に貼ってある「日本地図」の「竹島」は必ずと言っていいほど、韓国人学習者に「ドクト(独島)」と書き換えられています。韓国人は国境問題にとても敏感です。パンムガン(板門店)もある国ですから、当たり前ですけど・・・。
尖閣諸島が「釣魚島」と書き換えられてるのは、まだ見たことがないですねぇ。

投稿: MF | 2011年2月 3日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/38571528

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の地図:

« ベトナム共産党書記長フーチョン氏に関して | トップページ | ラオス株式投資に注目:長期投資に最適 »