« アイリス(IRIS)映画版を見る | トップページ | ラオス株式の売買は無事に開始されました »

2011年1月10日 (月)

『TPP反対の大義』農文協ブックレットを読む

 私は、日本がTPP(環太平洋経済連携協定)に加盟することに賛成である。農業分野に競争原理を導入することが、日本農業の活性化に貢献すると考えるからである。

【送料無料】TPP反対の大義 【送料無料】TPP反対の大義

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 しかし、表題の図書は、TPPに反対する論者の本格的な論文が収録されている。私が学生時代の畏敬の経済学者であった宇沢弘文氏の論文も収録されているとな ると、無視するわけにはいかない。

 私は、TPP締結を検討すると菅首相が述べた時に、短期的ではあるが、集中的に国民的に議論されることが望ましいと述べたことがある。まさに今が、その時である。

 表題の図書において印象的であったことは「国益」の定義である。「国益 対 農業保護」という対立の論点と同様に「輸出産業擁護 対 国益」という論点もありうることが同書では指摘されている。 

 ともかく、この問題について本格的な議論が望まれるのであるが、その盛り上がりは未だ感じられない。TPPの賛否の評価以前の問題として、この喫緊の課題に対する日本人の無関心こそが懸念される。

 TPPの参加の有無に関わらず、日本の農業が現状のままで問題ないということはありえないであろう。TPPを契機に本格的な国民的な議論が望まれる。

 そのためにも今後、TPPに関する対立する論点を私も明示したいと思っている。

 

|

« アイリス(IRIS)映画版を見る | トップページ | ラオス株式の売買は無事に開始されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『TPP反対の大義』農文協ブックレットを読む:

« アイリス(IRIS)映画版を見る | トップページ | ラオス株式の売買は無事に開始されました »