« 就職難の原因:「若い人の能力が落ちている」 | トップページ | 元気にしております »

2010年10月31日 (日)

国際シンポジュウム:日本とメコン川地域―歴史的関わり

 現在、ベトナムのホーチミン市に滞在中です。10月29日と30日に開催された表題の会議で報告するためです。この会議は、日本の国際交流基金が支援し、ホーチミン市人文社会科学大学・日本研究センターが主催しました。

 この人文社会科学大学には、2008年にも兵庫県が主催する「ひょうご洋上大学セミナー」の参加学生と一緒に訪問したことがあります。

Cimg2456  今回、私は「メコン川流域3国の経済発展―日本からの視点―」というテーマで報告しました。そのほかに、たとえば白石昌也教授(早稲田大学大学院)は「日本と「メコン」サブ地域」というテーマでの報告でした。

 事前に論文集が作成されましたが、報告論文数は45本、そのページ数は549頁に達しています。このシンポジュウムの盛況が、これらの数字で示されています。

 このような国際会議の私のデビューは、インドのニューデリーで開催された「社会学世界会議」でした。もう20年以上も前になると思います。それ以降の国際会議での私の報告は、たとえば日本の株式相互所有であるとか、日本の役員兼任ネットワークの実態など日本企業を対象にしてきました。しかし今回は初めて、ベトナムのテーマをベトナム人研究者の前で報告することになりました。

 この報告の概要は次の通りです。ご参照ください。なお、写真はラオス国立大学サイナシン副学長の報告です。「10-28-summary.docx」をダウンロード

 

|

« 就職難の原因:「若い人の能力が落ちている」 | トップページ | 元気にしております »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/37464178

この記事へのトラックバック一覧です: 国際シンポジュウム:日本とメコン川地域―歴史的関わり:

« 就職難の原因:「若い人の能力が落ちている」 | トップページ | 元気にしております »