« これだけは言いたい(6):ラオス清掃ボランティア活動のご案内 | トップページ | これだけは言いたい(8):市場と政府の関係を考える »

2010年7月25日 (日)

これだけは言いたい(7):ベトナム市場開拓の基礎資料

 腰痛の中で多忙にしております。腰痛の原因は判明。日本整形外科学会で足腰の権威である高倉義典先生(奈良県立大学名誉教授)の診断ですから安心です。その処方箋は腹筋と背筋を鍛えて、さらに体重を減らす。単純ですが、なかなか実行は大変なことです。

 日本相撲協会から、力士不足を補うためにパートタイムの力士を依頼されるのではないかと心配していたほどに怠惰な私にとって、これは感謝すべき絶好の天恵であると考えています。痛みがトレーニングを促進してくれるのですから・・・。 

 さて、ベトナムの経済やビジネスに関する次の書籍を入手しました。

 The 2009 Vietnam Economic and Product Market Databook, by Professor Philip M. Parker, Ph.D., ICON Group International, Inc, 05 July, 2010.

 この書籍、いわゆるデータ集なのですが、ベトナムにおける900品目を超える商品について2005年~2015年までの需要実績と潜在需要が米ドル建てで示されています。潜在需要を予測する計量的な数式モデルは明示されていませんが、いわゆる古典的な手法と考えてよいと思われます(同書、pp.31-35)。

 こういった書物が米国から出版されるということ自体に注目です。米国企業の本格的なベトナム進出の予兆であると思われます。事実、1990年代からコカコーラが進出し、最近ではコンピュータ部品のインテルが本気でベトナム事業を展開しつつあります。

 日本企業でも、ベトナム国内市場での販路を求める企業があると思いますが、本書はその背中を押すという意義があります。本書の購入を勧めると同時に、ぜひ、一般社団法人である日本ベトナム経済交流センターをご相談の窓口にされますことをお勧めいたします。 

|

« これだけは言いたい(6):ラオス清掃ボランティア活動のご案内 | トップページ | これだけは言いたい(8):市場と政府の関係を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/35859387

この記事へのトラックバック一覧です: これだけは言いたい(7):ベトナム市場開拓の基礎資料:

« これだけは言いたい(6):ラオス清掃ボランティア活動のご案内 | トップページ | これだけは言いたい(8):市場と政府の関係を考える »