« 大学1年生の躾(しつけ) | トップページ | 最近になって始めたこと »

2010年6月 5日 (土)

板東あけみさんの講演会:ベトナムの「母子手帳」

 もう10年以上の交際となる板東あけみさんの講演が、下記のように6月25日(金)に開催されます。主催者は「関西国際保健勉強会ぼちぼちの会」です。板東さんから連絡を頂戴し、転載可能ということですから、その案内文を紹介します。

 今月の講師は、関西でもベトナムでも有名な先生で、jaih-sMLご覧の方の中にもご存知の方は多いかと思いますが、NGO「ベトナムの子どもたちを支援する会」事務局長の板東あけみさんを講師にお迎えして、「ベトナムにおける母子健康手帳の開発と活用―山岳少数民族の地域で大活躍の母子健康手帳ー」というテーマでお話をして頂きます。

 板東さんは、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程の在学中からベトナム保健省と全国展開に向けて保健省版母子健康手帳の開発やマネージメントについて共同研究をされています。

 この保健省の母子健康手帳導入の考えは板東さんが事務局長をされている「ベトナムの子どもたちを支援する会」が1998年に事業地での使用を提案したことから始まった活動がボトムアップされたものです。

 ベトナムには山岳地帯を中心に少数民族が住んでおり教育レベルも低く交通手段も多くの困難があります。板東さんと保健省は「あえて」そのような僻地のひとつハーザン省(人口70万人)で2009年から一斉に保健省版母子健康手帳を展開をするという共同研究を始めました。なぜなら、ベトナムにおける多くの妊産婦死亡や乳幼児死亡が、山岳少数民族の地域で発生しているからです。

 板東さんは昨年6月1日のスタートから省全域での研修実施後、母子健康手帳の配布が始まったハーザン省で昨年10月に3週間の1回目のモニタリング調査、そして今年の4月に3週間の2回目のモニタリング調査を実施されました。

今回は、今までの経過や、ハーザン省での母子健康手帳の使用実態など大変貴重な情報を、たくさんの美しい写真と共に提供してくださいます。母子健康手帳に関心のある方はもとより、母子保健に関心のある方、ベトナムに関心のある方など、どうぞ奮ってご参加ください。

日時:6月25日(金)19:00~21:00
場所:大阪市生涯学習センター 第1研修室
   大阪駅前第2ビル 5階 場所の詳細は下記HPをご参照ください   
http://www.manabi.city.osaka.jp/Contents/lll/center/center.html

参加費:500円(事前申し込み不要)

 勉強会終了後、懇親会(当日申し込み)もあります!! 講師の先生や国際経験豊富な参加者の方々から様々なお話(裏話も)が聞けるかと思います。

 なお、主催者に関する「ぼちぼちの情報」は、MLを通して流れます。ML登録には、下記のURLにアクセスください。
https://ml.infoseek.rakuten.co.jp/form/?ml=botiboti&do=ml-c3.infoseek.co.jp

|

« 大学1年生の躾(しつけ) | トップページ | 最近になって始めたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/35043885

この記事へのトラックバック一覧です: 板東あけみさんの講演会:ベトナムの「母子手帳」:

« 大学1年生の躾(しつけ) | トップページ | 最近になって始めたこと »