« 大阪府議会日越友好議員連盟の講演会 | トップページ | JICA主催「貿易促進セミナー」で講義した »

2010年6月11日 (金)

ひとつでも実践する:意欲・気力・勇気

 トヨタ自動車では、「なぜ」を5回繰り返す。「なぜ」を繰り返すことで、物事の本質的な原因を追及するという意味である。

 この話題をゼミでは4回生・3回生に提供したが、それを実践している学生は何人いるのだろうか。おそらく知識として記憶している学生はいると思う。しかし実践となると疑問である。

 私のゼミ指導の理想は、大量の知識の習得ではなく、ひとつでもよいので、その知識に基づく応用・実践をしてほしいということである。入学時の偏差値の高い大学の大学生は知識量は豊富であろうし、その分析力や習得力は圧倒的であろう。しかし実践力はどうか。

 実践力となれば、偏差値の観点から見た大学格差は存在しないのではないか。個々の学生の意欲・気力・勇気に依存する問題だからである。

 流通科学大学は「実学」教育を標榜している。この観点から言えば、1つでもよいので「学んだことを実践」してほしい。この実行力・実践力が大学のみならず学生自身の差別化戦略の基本であると私は考えている。

|

« 大阪府議会日越友好議員連盟の講演会 | トップページ | JICA主催「貿易促進セミナー」で講義した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/35227024

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつでも実践する:意欲・気力・勇気:

« 大阪府議会日越友好議員連盟の講演会 | トップページ | JICA主催「貿易促進セミナー」で講義した »