« 少し古いニュースですがラオスの水力発電稼働:タイに輸出 | トップページ | 民主党政権の中で二者択一の政策:思いつきですが・・・ »

2010年6月 8日 (火)

自宅で料理店:本格的なSOHO時代の到来

 自宅を改装して「天ぷら店」を開業する。ご近所に数年前から写真のお店がある。この店は繁盛しているように思われる。

100602_13250001  同じくご近所に日本料理店を開業した方がおられたが、隣家の反対で閉店してしまった。騒がしいというようなことが反対理由であった。もう一軒で日本料理店を開業されていたが、これは自然に閉店したようである。

 自宅で料理店を開業するためのコツは何か? そういうガイドブックがあっても不思議ではない。おそらくキーポイントは、思いつくままに、①味、②雰囲気、③駐車場、④廃棄削減.・・・・・・。利益目標と損益分岐点を考えながら計画を進める。

 より広く考えて、おそらく自宅でのビジネスが多様に展開される時代が来るように思える。自宅で古美術店をされていたり、古着屋をされている方もいる。その業態や目的は様々であるが、2006年施行の会社法で最低資本金が廃止されたのだから容易に会社設立ができる。

 SOHO時代が本格的に到来したと言えるのかもしれない。最近の報道でSOHOが取り上げられることは少なくなったが、それはSOHOが消滅したのではなく、一般に普及して報道価値が低下したからではないか。

 こういったSOHO会社のために住民税を減税する自治体があってもよい。新しい時代が来ている。

 

|

« 少し古いニュースですがラオスの水力発電稼働:タイに輸出 | トップページ | 民主党政権の中で二者択一の政策:思いつきですが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/35150484

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅で料理店:本格的なSOHO時代の到来:

« 少し古いニュースですがラオスの水力発電稼働:タイに輸出 | トップページ | 民主党政権の中で二者択一の政策:思いつきですが・・・ »