« 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か | トップページ | 首相官邸と北朝鮮大使館が隣接している »

2010年5月 7日 (金)

ベトナムに続いてカンボジアでもシプトラ社が不動産開発

 ハノイのノイバイ空港から市内に向かってホン川を渡ると、躍動する数頭の黒い馬を配した巨大な城門が見えてくる。その奥に大規模な住宅開発が進行中である。

 この開発については、ベトナムの伝統とは異質であるといった意味の批判が数年前にあったことを記憶している。方角が良くないとか、馬の彫像が良くないとかいう理由である。これはマレーシアのシプトラ(CIPTRA)社の開発である。

 同社がDsc01085、写真のように同様の城門を入り口とする住宅開発をカンボジアの首都プノンペン郊外でも進めている。 

 この城門の左手側にはゴルフ場があり、その敷地内にはゴルフ練習場も併設されている。それは500mほどの池にボールを打ちっ放すようになっている。これに温泉とプールもあれば・・・と思ってしまう贅沢さである。

 Dream Comes True.夢を実現するために仕事する。私の場合、おそらく夢を実現するために120歳まで働き続ける必要があるだろうと思う。

 このようなカンボジアの新しい動きを実感できた。マルハンジャパン銀行の前頭取の宮内さんに案内していただいた。ここに記して御礼を申しあげDsc01107たい。

 同行したロータス投資運用会社のタイ社長は、販売中の住宅価格がベトナムよりも安いと言って感激していた。Dream Comes True.これは彼のセリフである。また池に沈んだゴルフボールはどうなるのか?と心配していた。なるほど素朴な疑問である。

 ベトナム・ラオス・カンボジアを巡ると夢(DREAM)が見つかる。50歳を半ばの私も夢を持てるとは、これらの国々に感謝しなければならない。

 

  

|

« 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か | トップページ | 首相官邸と北朝鮮大使館が隣接している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34579853

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムに続いてカンボジアでもシプトラ社が不動産開発:

« 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か | トップページ | 首相官邸と北朝鮮大使館が隣接している »