« ラオスのメコン河川公園:国際都市としての整備 | トップページ | 岩井証券で「ベトナム株取扱1周年記念」セミナーが開催 »

2010年5月12日 (水)

ラオスで進行する中国人住宅建設

 昨年のSEAゲームの成功はラオスにとって誇り高いことであろう。国際的な競技大会を見事に主催したのだから、その国力を内外に示すことができた。

Dsc01032  その背後には、中国の土地取得と中国人の移住という問題が存在している。メインスタジアムの建設支援の代償として土地をラオス政府は中国に提供したのである。

 写真は、その中国人の住居である。昨年末の訪問時の住宅建設は終了し、1階には店舗が入居している。また新しく建物の建設が始まっていた。

 こういった事態について、ラオスのことはラオスが決めることが当然である。ただラオスにとって、そういった中国人の流入が好ましいことを祈るばかりである。

Dsc01038  ただし日本にとっては、どのような影響があるのか。こういった視点の議論があっても当然である。その議論に従った日本政府や日本人の行動があってもよい。こういう外交戦略をラオスを含むアジア諸国について日本は検討しているのであろうか。

 日々の実務的な問題を超えた外交戦略を検討するのは、政治家の仕事である。この4月に氏名や所属は不明であるが自由民主党の議員がラオス訪問したと聞いた。何らかの政策に反映されることを祈りたい。

|

« ラオスのメコン河川公園:国際都市としての整備 | トップページ | 岩井証券で「ベトナム株取扱1周年記念」セミナーが開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34660154

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスで進行する中国人住宅建設:

« ラオスのメコン河川公園:国際都市としての整備 | トップページ | 岩井証券で「ベトナム株取扱1周年記念」セミナーが開催 »