« 韓国・トンヤン証券プノンペン駐在員事務所を訪問 | トップページ | プノンペン~ホーチミン市~関西空港 »

2010年5月 4日 (火)

コンポットのプランテーションの敷地

 5月4日の午前中、私は国道2号線を南下してコンポットのプランテーションを見学した。面積は1万㎡。10㎞四方の土地である。

 ここは水が豊富であるから、コメを作付けできる。さらに木材チップの原料を植林してもよい。また自然動物園などの経営も面白い。プノンペン市内から国道2号線を南下し、自動車で2時間ほどである。十分に日帰り観光が可能な立地である。

 こういった土地は、かつての総合商社なら購入したと思うのだが、今はどうなっているのであろうか。政府から90年間の土地使用権を約5億円で取得でき、それに追加で5億円もあれば、立派な田園や農場ができる。

 どこかの日本の地方自治体が10億円を投資して、このプランテーションで働く日本人を募集する。現地のカンボジア人の雇用確保ができる。

 ただし厳しい見方をすれば、このような仕事は、いわば自分で村や町を最初から作り上げるようなものである。相当の覚悟と根性が必要であることは言うまでもない。これが日本の投資家や企業を尻込みさせる理由なのだろうと思う。もっと簡単に楽しくお金儲けする方がよいに決まっている。

|

« 韓国・トンヤン証券プノンペン駐在員事務所を訪問 | トップページ | プノンペン~ホーチミン市~関西空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34516897

この記事へのトラックバック一覧です: コンポットのプランテーションの敷地:

« 韓国・トンヤン証券プノンペン駐在員事務所を訪問 | トップページ | プノンペン~ホーチミン市~関西空港 »