« コンポットのプランテーションの敷地 | トップページ | 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か »

2010年5月 5日 (水)

プノンペン~ホーチミン市~関西空港

 プノンペンでは、ACLEDA(エーシーレダ)銀行をタイ社長と訪問した。上場は数年後を予定しているが、この会社はNGO団体から出発しているために株主構成が複雑である。

 この銀行の呼び方を確認したが、英語読みで「アクレダ」と言う場合もあるが、カンボジア人は「エーシーレダ」と呼ぶ。わが信頼すべき運転手のトーチさんも、そのように呼んでいた。

 ロータス投資運用会社のタイ社長は、ベトナムから進出しているサコムバンクを訪問したが、私は空港からホーチミン市に移動した。このサコムバンクも証券会社設立の申請をしている。現在までに22社の証券会社が設立申請しているが、明らかに過当競争になるのではないか。カンボジア証券委員会は認可を慎重に検討しているということである。

 ホーチミン市では元日商岩井ベトナム総支配人の伊東淳一さんにお目にかかった。ベトナムでは民間投資ファンドを設立して未上場株に投資し、何社かを上場成功に導かれた。さすがに古くからベトナムの仕事に従事し、ベトナムの隅々まで訪問された経験の持ち主である。

 ベトナムを含めてカンボジアやラオスについて貴重なお話を伺った。点から面に視点を移す。ベトナムのしてほしいことを日本がしてあげることが重要ではないか。ベトナムに対する押し付けはやめた方がよい。こんな辛口のコメントが印象的であった。

 これで私は2回目の面会であるが、電話では何度かお話している。ベトナムについての大先輩・大御所である。なお、ベトナムで株情報を提供されている「株ドットコム」代表の伊藤淳一氏とは1字違いの別人である。

 その後、ベトナムで人材教育などのコンサルティング業をされているブレインワークス社の田口さんと夕食をご一緒した。同社の本社は神戸にあり、日頃からお世話になっている。10年以上も前からの私の馴染みのドイツビールの店(ドンコイ通りのサイゴン川に近い所)で1杯飲んだ。

 ともかく目まぐるしい1週間が終わった。今年は祭日返上で仕事した。こういうことは珍しい。これからの少しの間、懸案の著書の最終稿を仕上げたい。

 

|

« コンポットのプランテーションの敷地 | トップページ | 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34550568

この記事へのトラックバック一覧です: プノンペン~ホーチミン市~関西空港:

« コンポットのプランテーションの敷地 | トップページ | 関西空港に到着したが・・・ベトナム航空は大丈夫か »