« ラオスの証券市場の開設予定日:2011年1月11日 | トップページ | 宮内敬司さんの特別講義:就活について »

2010年5月20日 (木)

誕生日に思うこと

 今日は55回目の私の誕生日。55歳と言えば、少し前までは定年退職の年齢である。

 現在の大学の退職年齢は68歳である。大学によって63歳とか65歳とかいろいろである。通常の企業の退職年齢が60歳とすれば、大学の定年は長いと言われる。

 こういう場合、その理由は次のように説明される。大学教員は大学院を修了することが一般的である。修士課程が2年、博士課程が3年である。この5年間、同年齢の大学卒業者は企業で働いている。したがって職業人のスタートが遅い5年間だけ、そのゴール(エンディング)も延長されて当然である。

 以上のように私は教えられてきたが、最近は企業で働いていた人が大学教員に転職してくる場合がある。勤務年数からみれば、これは最も幸福な人である。

 しかし、さらに幸福な人は定年退職のない人であろう。自分の意志で仕事を辞めることができる人である。それは自営業である。

 人生いろいろ、仕事もいろいろ。すべて自己の選択と責任である。それを自覚して今を生きるしかない。人生とは難しいように思われるが、意外と簡単なのかもしれない。要するに各自の好きにすればよいのである。

|

« ラオスの証券市場の開設予定日:2011年1月11日 | トップページ | 宮内敬司さんの特別講義:就活について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34780278

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日に思うこと:

« ラオスの証券市場の開設予定日:2011年1月11日 | トップページ | 宮内敬司さんの特別講義:就活について »