« ベトナムのファミリーマートとダイソー | トップページ | カンボジアのジェトロ事務所を訪問 »

2010年4月 7日 (水)

経営学科首席卒業生・王旭さんのこと:中国ビジネスの紹介

 本年3月に卒業した王旭くんとは、私のゼミ学生ではないのだが、熱心に私の講義や学外セミナーに参加をしてくれた思い出深い関係がある。彼自身、 大学ではゼミ(研究演習)に参加してなかったので、私は自分のゼミ生と同様以上に交際していた。

 彼が、流通科学大学の商学部経営学科において首席の成績で卒業したことを卒業式前の教授会で知った。卒業式で会えることを楽しみにしていたのだが、当日は欠席。場内には「王さんは中国でベンチャー企業を創業し、そのために欠席です」と説明された。

 その前に彼とのメールのやり取りがあり、欠席は知っていたのだが、改めて残念であった。その王くんは、以下のような仕事の取り次ぎ業をしている。

  芸術工芸品サイト:書画、内絵鼻煙壺(内絵)と古月軒鼻煙壺(外絵)
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4cc1b8cc0100gw21.html
 
 天然宝石アクセサリーサイト:ブレスレット・指輪・ネクッレス・携帯ストラップなど
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4cc1b8cc0100gg5z.html
   
 何といっても私の教え子である。また大学で表彰された人間である。上記のサイトをご覧になって、ご関心の方はぜひ直接連絡していただきたいと思う。自営業として創業したばかりなので種々の仕事に手を広げている。「広く網を張って獲物=ヒット商品を待つ」。これは創業当初の仕事のひとつのやり方だと思う。

 私は彼にビジネスは信用が最重要であることだけは強調している。私は、こういったビジネスは素人であるが、王くんは信頼できると思う。

 「一般に日本人は中国人を信用していない場合が多い。餃子事件を考えればわかる(最近、犯人が逮捕されたが・・・)。日本との仕事の成功の前提は日本人より以上に信用・信頼を作ることだ」。「仕事は待っていてはダメ。自分から積極的に前に出ないと。何も遠慮する必要はないよ」。

 こんな一般的な助言しか私にはできないが、彼は真面目な顔つきで「はい、わかりました」と聞いていいたことを記憶している。ぜひ彼に起業家として成功することを期待したいし、日本または中国での再会が楽しみである。

|

« ベトナムのファミリーマートとダイソー | トップページ | カンボジアのジェトロ事務所を訪問 »

コメント

初コメントさせて頂きます。
王先輩の事は、部活の先輩から話を聞いて知っていました。
どんな会社を作ったのか興味があったのですが、美術品を売るビジネスだったんですね!
流化には、中国人留学生の方が多い様なので、中国と日本を繋ぐビジネスをやるためにも友達を沢山作ろうと思っています!

投稿: 鈴江 | 2010年4月 7日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/34105538

この記事へのトラックバック一覧です: 経営学科首席卒業生・王旭さんのこと:中国ビジネスの紹介:

« ベトナムのファミリーマートとダイソー | トップページ | カンボジアのジェトロ事務所を訪問 »