« 岩井証券がコスモ証券を買収か?:小が大を飲む | トップページ | テレビドラマ『不毛地帯』が最終話を迎える »

2010年3月11日 (木)

ちょっと嬉しい資格

 先日、心肺蘇生法とAEDの講習を受講した経験を本ブログで紹介した。その成果があって本日の箕面船場ライオンズクラブの例会で修了証を受領した。文面は次の通りである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 普通救命講習修了証

第・・・・・・号  氏名・・・・・・  ・・・・・・生

 上記の者は、普通救命講習Ⅰを修了し、救命技能を有することを認定します。

交付年月日 平成22年02年22日

箕面市消防長
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大学教授は企業経営者と同様に、そのための資格を取得する必要はない。たとえば高校以下の教諭なら「教員免許」が必要であるが、そういった免許や資格とは無縁である。また必ずしも学歴も必要としない。その分野での専門性や特殊性の有無が大学教授の前提条件である。

 最近の大学生は、就職を有利にするために資格取得を考えるが、資格それ自体で「メシが食える」資格は、弁護士・医師や税理士・公認会計士など極めて少数であろう。

 そもそも企業経営者になるための資格試験などが存在しない。この意味で、その企業に就職するための資格取得というのは勘違いではないか。資格以外にもっと重要な要因が、就職のために存在している。これを教えるのが大学教員の仕事である。

 それはともかく、何か資格を所有することは自己満足になることは確かである。個人的に言えば、自動車免許証を数年前に私は放棄している。その中で上記の認定は嬉しい。

 数時間の講習を受講すれば、人命救助の資格を取得することができる。特に就職に有利になるとは思えないが、万が一の事態に遭遇した時に必ず他人の役に立つ。

 最近、この講習は自動車免許証の取得時に必須となっているそうである。心臓停止後3分間で死亡確率50%。この数字は銘記すべきである。最速の応急措置が人助けになる。ぜひ大学生を含む多数の人々に講習を受けることをお願いしたい。 

|

« 岩井証券がコスモ証券を買収か?:小が大を飲む | トップページ | テレビドラマ『不毛地帯』が最終話を迎える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと嬉しい資格:

« 岩井証券がコスモ証券を買収か?:小が大を飲む | トップページ | テレビドラマ『不毛地帯』が最終話を迎える »