« 過去のブログを整理しました | トップページ | 「君になら騙されてもええ」 »

2010年2月 2日 (火)

今日は入学試験とぼたん鍋・・・

 今日は、勤務先の流通科学大学の入学試験の監督、その後に箕面船場ライオンズクラブ能勢ラインズクラブの合同例会があり、能勢の「汐の湯温泉」で「ぼたん鍋」の会食であった。http://www.shionoyu.co.jp/index.htm

 このぼたん鍋(=猪鍋)が絶品である。当日に捌いた牡のイノシシ肉は臭みは気にならず、柔らかさも適当である。冷凍肉が当然と思われる時に、この新鮮さは貴重である。

 大阪府の銘酒として池田の「呉春」は全国的に有名であるが、能勢では「秋鹿」である。この秋鹿の「酒粕」をお土産に頂戴した。この香りが魅力である。自動車の室内に充満する甘い香り。粕汁や甘酒は家族で楽しめる。

 能勢ライオンズクラブの方々には農家が多いのだが、積極的な農業ビジネスを志向される人をご紹介したいたくようにお願いした。たとえばカンボジアでコメを作って、それを中東やアフリカに売り、年商200億円といった仕事がある。

 農業ビジネスは世界で有望であるにもかかわらず、なぜ、そのように日本で認識されていないのであろうか。たとえば流通マーケティングの研究分野でも、農産物マーケティング農産物国際流通論が注目されても不思議でない。能勢から帰宅する途中に、こんなことを考えていた。

 私見では、日本でダメなら、カンボジアの農業ビジネスはベトナム企業に声をかけてみよう。大枠が決めれば、日本人を技術者として雇用する。リスクを取らない日本人の役割は、この程度が適当であるのかもしれない。情けない話である。

|

« 過去のブログを整理しました | トップページ | 「君になら騙されてもええ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は入学試験とぼたん鍋・・・:

« 過去のブログを整理しました | トップページ | 「君になら騙されてもええ」 »