« PREX主催の人材育成シンポジウム:私の印象 | トップページ | 留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック »

2010年2月18日 (木)

就職活動を前にして「自己流」から脱却する

 現在、大学3回生の就職活動が動き始めている。すでに準備している学生は徐々にペースを上げているだろうし、ノンキな学生も始動の時期である。

 この大学3回生の就活について言えば、次のような学生の成長過程があると流通科学大学のキャリア開発課は分析している。すなわち:

 ①自己流 ⇒ ②指導・修正される ⇒ ③自分らしさに自信をもてる

 自己流のままで就活に突入すれば、なかなか成功できない。少なくとも指導・修正される時期を経験しなければならない。その過程を経て本当に「自分らしさ」を発揮できる。この時期が内定を受ける時期に一致するようにする。これが内定獲得の「王道」である。

 手前勝手・自己満足・自己陶酔の「自己流」の就活を指導に基づいて修正し、自信をもった「自分らしさ」を発揮した就活に昇華させる。私見では、これが就活成功の基本である。

|

« PREX主催の人材育成シンポジウム:私の印象 | トップページ | 留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/33433679

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動を前にして「自己流」から脱却する:

« PREX主催の人材育成シンポジウム:私の印象 | トップページ | 留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック »