« ベトナムの勝利 | トップページ | 大岡昇平『レイテ戦記』を読む »

2010年2月28日 (日)

フィリピンに対するチリ地震の影響:好奇心は身を滅ぼす

 日曜日にマニラからセブ島に移動する。果たしてチリ地震からの津波は大丈夫か。

 好奇心は身を滅ぼす

 だれに聞いたか忘れたが、海外訪問する学生に私が必ず話す教訓である。好奇心は結構であるが、それが過度になると自分が被害を受けることになる。

 見てはいけないものを見る。知ってはいけないことを知る。してはいけないことをする。好奇心とリスクは表裏一体である。私自身、セブ島では注意したい。好奇心は身を滅ぼす。

 なお、私の宿泊ホテルでは、こういった注意情報はまったくなかった。チリ地震の発生を知ったのはNHK衛星放送であった。セブ島のホテルでは、どのような対応なのであろうか。こういう好奇心は、フィリピン社会の実情を知ることになる。ちょっと情報収集してみよう。

 flair追伸flair:セブ島とは言うものの、空港や宿泊のリゾートホテルはマクタン島である。5☆のシャングリラホテルに宿泊したが、確かに長期滞在は楽しめそうである。それほどに豊富な施設がそろっている。しかし周囲の雰囲気や観光地を考えれば、けっしてベトナムのダナン・ファンティエット・ニャチャンのリゾートも負けていない。

 また津波は、マニラのマンダリンホテルの従業員も知っていたが、まったく問題なしとのことであった。日本も大きな被害がなかったということでよかったが、チリの支援が必要になるであろう。ハイチに次いでチリ。さらに地震がないと言われていた沖縄でも地震発生。大きな天災を予感させるような出来事が続くようである。

 shine補遺shine:セブ島の『自由人(The Freeman: Fair and Fearless)』という新聞(2010年3月1日)によれば、津波での避難者の様子が第1面に掲載されている。太平洋岸の地域の人々数千人が数時間に渡って避難したそうである。

|

« ベトナムの勝利 | トップページ | 大岡昇平『レイテ戦記』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/33565613

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンに対するチリ地震の影響:好奇心は身を滅ぼす:

« ベトナムの勝利 | トップページ | 大岡昇平『レイテ戦記』を読む »