« 人生のリスクを管理する | トップページ | 日本の主な高関税農産物 »

2010年1月24日 (日)

戦略と目標

 月収20万円で満足すると、それを維持しようとするだろうが、それ以上の収入のための仕事の増加は負担に感じる。この満足する金額は、それぞれ異なるであろうが、これは現状満足派である。

 収入は多ければ多いほどよいと考える。これは当然であるが、そのためには戦略が必要である。何もしないで収入は増えない。たとえば月収20万円を月収100万円に増やすために何をすればよいか? どのくらいの時間が必要か? あるいは月収25万円にするためには、また違った方法がある。 

 収入を増やすためには、そういった戦略を策定しなければならない。繰り返しであるが、何もしないで収入は増えない。その前提として現状分析が必要だ。冷静に考えて目標となる月収100万円が無理となれば、そのための戦略も無意味である。

 このように戦略と目標は相互に規定し合う。いずれにせよ、現状満足派に比べて向上心がある。仕事の増加が負担に思わない。それは負担ではなく、目標のための当然の過程である。このような目標の設定と戦略の策定は、老若男女に関係ない。20歳には20歳の目標と戦略があるし、60歳には60歳の目標と戦略がある。

 それぞれが目標と戦略をもつ。これは個々人はもちろん、国家や企業といった組織も同様である。これがないと、将来は何も見えないということになる。少なくとも個人では、そういった目標と戦略を設定することが必要であると思う。その方が、自分の将来を政府や会社や他人に任せるよりも、より充実した楽しい積極的な人生が過ごせるのではないか。

 人間、何でも目標や戦略を諦めた時点で将来は終わりである。その後は他人任せになる。それでもよいという人生もありうるが、それは自己選択に伴う自己責任が伴う。これを銘記すべきである。

|

« 人生のリスクを管理する | トップページ | 日本の主な高関税農産物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/33023503

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略と目標:

« 人生のリスクを管理する | トップページ | 日本の主な高関税農産物 »