« 帰国後の仕事 | トップページ | 学生と「ブランチ」を楽しむ »

2010年1月 6日 (水)

初めての講義:アジアビジネス論

 今年初の講義であった。アジアビジネス論である。年末年始のメコン3国の最新情報を写真を利用して説明した。

 「カンボジアやラオスは発展しているぞ」と強調した。学生に書かせた「小レポート」の中に「しかしそれは一部の話でしょう」と書かれていた。なかなか鋭い反応である。

 そう言ってしまえば、すべてが一部である。これまでの私は私の一部にすぎない。人生のすべては、死ぬ瞬間までは部分である。

 こう考えると、まさに「生涯現役」である。自分の可能性は無限である。それが有限になったとき、それで自分のすべての仕事の価値が決まる。

 昨日は仕事の話を書いたが、それ以外に今年はゴルフを始めたい。もう少し暖かくなってから・・・。それにラオスの友人ハンサナさんにもゴルフを勧めた。「一緒に始めましょう」と。そう言えば、ゴルフクラブのセットをプレゼントするとも約束した。いろいろ今年は楽しみである。 

|

« 帰国後の仕事 | トップページ | 学生と「ブランチ」を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32889366

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての講義:アジアビジネス論:

« 帰国後の仕事 | トップページ | 学生と「ブランチ」を楽しむ »