« ラオス建国記念日:日本とラオスの関係 | トップページ | カンボジア証券取引所の開設予定 »

2009年12月 3日 (木)

戦略の必要性

 テレビドラマ「不毛地帯」を欠かさずに見ている。総合商社の仕事や戦略の重要性が理解できる。それはともかく、1960年代の職場ではタバコを職場で吸うのが普通であったことに驚かされる。今日の常識からは逸脱した喫煙量である。

 さて学生の就職活動を見聞していると、自己分析や自己アピールそして企業研究などが就活の準備として強調される。それはよいのだが、就職の戦略をもつことも必要ではないか。

 これは具体的には、どういう企業をどのような順番で会社訪問し、また就職できなかった場合、どのようにするか。その対応策も考えておくことである。そのために最新の情報収集は不可欠であるし、戦略の適時修正もありうると考えておくべきである。

 戦略には、さまざまな定義があるが、私見では、あるべき姿に向かう大筋のシナリオである。「あるべき姿」は個人差があり、それが個性である。また「あるべき姿」が当面は、どこかの企業に就職することであるが、もっと先の人生の「あるべき姿」が構想されてもよい。将来の夢と言ってもよいかもしれない。

 そういった将来展望がないと、就職活動や人生は迷走することになる。それでもよいという人生観があってもよいが、普通の学生にはあまり勧めたくない。

  

|

« ラオス建国記念日:日本とラオスの関係 | トップページ | カンボジア証券取引所の開設予定 »

コメント

お久しぶりです。
宝塚の国際交流協会で9月にベトナムについて講演したことがあります。
在大阪ベトナム総領事のリュウ閣下や、元宝塚市長の庄司さん・現市長の中川さんもご出席を賜りました。
ぜひ機会を見つけてお目にかかりましょう。楽しみにしております。

投稿: 上田義朗 | 2009年12月 7日 (月) 21時09分

お久しぶりです。96年度卒業生のともきんと申します。覚えておられますでしょうか?
某真珠会社に就職したゼミ生です。
先生の講義を受けていた10数年前を思い出しながら時々ブログを拝見しております。普段は読み逃げばかりしておりますが、戦略の重要性というお話に感銘を受けてコメントさせていただきました。
就職活動してた頃の自分には、やはり戦略が不足してたなぁと今更ながらに思います。結局1年も勤めずに退職してしまいましたので…
色々あり、私は現在宝塚でリハビリテーションの仕事をしております。
何だかまとまりのないコメントになってしまいました…すいません。
医療の現場でも自らの戦略を持つことはやはり大切なことと思います。

投稿: ともきん | 2009年12月 7日 (月) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32503200

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略の必要性:

« ラオス建国記念日:日本とラオスの関係 | トップページ | カンボジア証券取引所の開設予定 »