« ラオス証券取引所:開設準備が着々と進行中 | トップページ | フィギュアスケート安藤美姫がベトナムに登場??? »

2009年12月28日 (月)

ラオス主催・2009年第25回SEAゲームの余韻・・・・・・

 SEAゲームは、アセアン諸国10カ国と東チモールを加えた11カ国のオリンピック競技会である。SEAゲームの上位競技がアジア大会であり、その上位がオリンピックである。

 この第25回SEAゲームが12月9日から18日までラオスの首都ビエンチャンで開催された。参照: http://www.laoseagames2009.com/v1/index.aspx

 私の知る限り、SEAゲームに関する日本の報道は皆無であった。日本のODAで武道館Dsc00079_convert_20091228195257 が建設されているはずだから、情報公開の意味でも日本の報道機関が特集として取材しても不思議ではない。なお中国政府はメインスタジアムの建設を支援した。

 ラオス国立大学のドンドック校舎に隣接してに4千名収容の選手宿舎がベトナム政府の支援で建設された。そのためにビエンチャン市内のホテルがすべて満室になったというわけではなかったようである。

 国別のメダル獲得の順位は、第1位:タイ(266個)、第2位ベトナム(215個)、第3位:インドネシア(170個)であり、ラオスは第7位(110個)であったが、金メダル数は33個で第6位のシンガポール(98個)と同数である。私見ではあるが、主催国としてラオスの面目は保持できたのではないか。

Dsc00130_convert_20091228195430  ベトナム・ラオス・カンボジアにおいて最も人気のスポーツはフットボール(=サッカー)である。その順位は、男子が金メダル:マレーシア、銀メダル:ベトナム、銅メダル:シンガポール、女子が金メダル:ベトナム、銀メダル:タイ、銅メダル:ミャンマーである。ベトナム人の女性は強い・・・。この試合結果が証明しているようである。

 flairflair:上記の写真の横断幕には「東南アジアの国は1つの家族」と英語で書かれている。「アセアン共同体」を意識したメッセージである。

 これDsc00126_convert_20091228195352までメコン川の夕陽を楽しんでいたランサンホテルの前のレストランは撤去され、公園整備の工事が始まっ ている。またタットルアン寺院の広場近くにも公園が出現した。SEAゲームによってラオスのインフラ整備が確かに進展した。

 ベトナムの首都ハノイのSEAゲーム開催は2003年であった。社会経済の発展の道をラオスも着実に歩んでいることを実感した。

 

|

« ラオス証券取引所:開設準備が着々と進行中 | トップページ | フィギュアスケート安藤美姫がベトナムに登場??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32764297

この記事へのトラックバック一覧です: ラオス主催・2009年第25回SEAゲームの余韻・・・・・・:

« ラオス証券取引所:開設準備が着々と進行中 | トップページ | フィギュアスケート安藤美姫がベトナムに登場??? »