« ベトナムの最低賃金が上昇:その影響と効果は? | トップページ | ラオスのSEAゲームの盛況:大健闘のラオス »

2009年12月15日 (火)

生産者の視点か? 消費者の視点か?

 「教養特講:時事問題に強くなる」という講義を私は担当している。今日の講義で、松下幸之助と中内功の「仁義なき戦いを紹介した。この「仁義」とは法律・規則・商慣行と同じ意味と考えてよい。

 この歴史問題がなぜ時事問題なのかと疑問に思われるかもしれない。その両者を結びつけるキーワードは「デフレスパイラル」である。

 ユニクロを代表とする「価格破壊」・「低価格」の追求は、消費者に好ましいように思われるが、経済全体としてはデフレスパイラルの懸念がある。低価格⇒売り上げ減少⇒給与削減⇒消費低迷⇒低価格⇒・・・・・。

 簡単に言って、定価を維持しようとした松下幸之助と、安売りするのは自由と考えた中内功の戦いは、現在では勝負がついている。もはや定価はなくなり、「オープン価格」が一般的になったことから、中内功の勝利である。

 しかしながら、生産者の労働条件が無視されて良いはずがない。生産者も消費者だからである。低価格化の歯止めはどこにあるのか。そのキーワードは「フェアトレード」であると思う。

 学園祭の模擬店で「たこ焼き」を作る。その「たこ焼き」をがゴミ箱に捨てられている。「せっかく作った僕の「たこ焼き」を何で捨てるのか?」 そして「買った物をどうしようが、買った者の勝手でしょう」と言われた時の僕の気持ちを想像できますか? こんなことも講義で話した。

 消費者の視点が優先されてきたが、生産者の視点が見直されても良いのではないか。その生産者が日本人ではなく外国人になっている現実もある。こういった問題について、教条的ではなく現実的な「大人」の議論が求められる時代である。

  

 

 

 

|

« ベトナムの最低賃金が上昇:その影響と効果は? | トップページ | ラオスのSEAゲームの盛況:大健闘のラオス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生産者の視点か? 消費者の視点か?:

« ベトナムの最低賃金が上昇:その影響と効果は? | トップページ | ラオスのSEAゲームの盛況:大健闘のラオス »