« 千里阪急ホテルでクリスマス会:箕面船場ライオンズクラブ | トップページ | ハノイから報告:ベトナムのビール業界(続報) »

2009年12月24日 (木)

ベトナムのビール業界は?:サッポロビールの挑戦

 サッポロホールディングスの村上隆男社長が、2010年から参入する「ベトナム市場に期待を込める」というコメントを述べている(『日本経済新聞』2009年12月23日)。

 「ベトナムjのビール消費量は中国、日本に次ぐアジア第3位の規模」であり、少子高齢化の日本よりも成長性があるとみなされている。

 以下では、ベトナムのビール業界に関する私見を述べる。統計的なデータもあるのだが、ここでは私的な印象であることをお断りしておきたい。

 ベトナムのビール業界は乱戦市場である。ビアホイでは安価な生ビール系の地ビールが提供され、瓶ビールでも各地のご当地ビールがある。ハイネッケンやタイガービールなど現地生産の外国ビールに人気があり、さらに大手のサイゴンビールと、ハノイでは根強い人気のハノイビールもある。私はハノイビールが好きだが、中部のラルーも捨てがたい。南部のビジはハノイビールに似た味であるが、最近は一般に見かけなくなった。

 ハノイビールの人気の秘密は、その苦みであるが、それは確かドイツ人の技術指導に基づいている。ハノイ在住当時の1998年に私と同じホテルに彼も長期滞在していた。苦みの人気はハノイの気候に依存すると思われる。ハノイには四季があり、ハノイの今はかなり冷え込む。そういう気候だから、苦みが好まれる。

 これに対してサイゴンビール系のブランドは、あっさりとした飲み心地である。南部の暑い気候に苦みは不要であるように思われる。水代わりにビールを飲む。

 さてサッポロビールは、どのような商品戦略を採用するのか。日本のサッポロビールの特徴である苦みや渋みをベトナムで再現すれば、おそらく北部では受けるだろうが、南部では疑問である。

 もっとも日本ブランドは全国に共通して人気があるから、日本の高級ビールとしてアピールすれば一定の市場は確保できるであろう。最初は日本料理店で発売し、そこを利用するベトナム人から次第に一般のベトナム人に普及する。

 その場合、日常的に飲むビールであることを考えれば、価格に厳しいベトナム人を納得させるだけの品質と価格の「値ごろ感」が不可欠である。

 ベトナムの流通チャネルも複雑である。日本で排除されつつあるリベートが当然の世界である。若い女性のキャンペーン販売も行われる。それをやれば、日本ブランドの高級感が失われるかもしれない。

 日本料理店での普及までは問題ないが、それがベトナム人一般に普及するという段階で工夫が必要であると思われる。どのようなサッポロビールがベトナムで飲むことができるか。今から楽しみである。ビール愛飲家として同社を心から応援したいと思う。

 なお、サッポロビールの参入によって、ベトナム株式市場に影響があると思われる。上場ビール会社の株価の反応はどうなっているか。これも直感であるが、当面は大きな影響はない。外資系企業の参入といった情報は一般の投資家に普及していないように思われる。これは、ファミリーマートと提携を決めた店頭市場のフータイ社の株価がそうだからである。情報に対する反応が鈍い。以上、あくまでも私見である。

|

« 千里阪急ホテルでクリスマス会:箕面船場ライオンズクラブ | トップページ | ハノイから報告:ベトナムのビール業界(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32716047

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのビール業界は?:サッポロビールの挑戦:

« 千里阪急ホテルでクリスマス会:箕面船場ライオンズクラブ | トップページ | ハノイから報告:ベトナムのビール業界(続報) »