« 大学教授ベンチャービジネスの失敗と成功 | トップページ | ベトナムのビール業界は?:サッポロビールの挑戦 »

2009年12月23日 (水)

千里阪急ホテルでクリスマス会:箕面船場ライオンズクラブ

 箕面船場ライオンズクラブのクリスマス会が千里阪急ホテルで開催された。そこでのゲストは、久間勝代さんであった。

091223_191701  久間さんは、平成8年に「美空ひばり全国大会」で優勝し、平成14年に「美空ひばりの世界を謳う」を開催し、プロとしてデビューされている。
(参照:http://www.k-hisama.jp/hisama.htm)。 

 けっして「美空ひばり」のモノマネではなく、その心情を込めて歌う。この迫力に感心した。演歌の神髄に触れたひとときであった。

091223_203602  私はトナカイに仮装したが、サンタクロースはもちろん、ハジメちゃんや天才バカボンとバカボンのパパも登場した。同じ職場内ではなく、業種や職種を超えた多様な人々が、社会貢献という同じ志(こころざし)で集まっている。これがライオンズクラブの醍醐味である。同クラブについては、以下を参照してほしい。(参照:http://www.lionsclubs.org/JA/index.php

 なお、下の写真は箕面森町に向かうトンネル入り口のクリスマスツリーである。高さは50メートル。クレーンでつり下げられている。箕面の山の麓に出現した光のシャワーは、不透明な日本の経済社会における将来の啓示のように思われた。その内容は、各自の心の中に様々に宿るものであろう。

 shineMerry Christmusshine

 

|

« 大学教授ベンチャービジネスの失敗と成功 | トップページ | ベトナムのビール業界は?:サッポロビールの挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32712810

この記事へのトラックバック一覧です: 千里阪急ホテルでクリスマス会:箕面船場ライオンズクラブ:

« 大学教授ベンチャービジネスの失敗と成功 | トップページ | ベトナムのビール業界は?:サッポロビールの挑戦 »