« 「メコンのめぐみ」:基準価格が10147円に上昇 | トップページ | ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント »

2009年11月16日 (月)

外国人に人気の日本食は何か?

 最近、フランスの料理店評価本『ミシュランガイド』の日本版が出版されて話題になっている。これに対して一般的な日本の食べ物の美味しいランキングが、JAPAN TIMESのWhen East Marries Westという連載コラムに掲載されていた。

 タイトルはUnheralded Japanese foods (あまり注目されていない日本の食べ物)。ここでは、在日外国人が好きな日本の食べ物をコラム記者の私見でランキング形式で紹介している。

 先日来日した米国オバマ大統領は、神戸ビーフとマグロを日本で食べたいと異例の要望を日本外務省に出したそうだが、もっと安価に外国人を接待する日本食は何か? 以下、参考になると思う。

5位:お好み焼き。おいしくてボリュームがあってビールに合うとのこと。

4位:トンカツ。欧米にも「ポークカツレツ:pork cutlet」や「ウィンナー・シュニッツェル:wiener schnitze」といった似たようなものがあるが、日本のトンカツは肉が厚くジューシーである。そしてこれも美味しくてボリュームがあってビールに合う。

3位:ギョーザ。本場では茹でるのに対して日本のは焼いてあり、たれにつけて食べる。そしてこれもビールに合う。

2位:フルーツ。これは全く意外である。コラム記者も上記のパターンが壊れたと述べている。さすがの彼もフルーツをビールの肴にしないようである。皮の柔らかいミカン、種なしブドウ、大きなイチゴ、みずみずしい梨などが指摘されていた。

1位:カレーライス。寿司でもなく、天麩羅でもなく、焼き鳥や焼き肉でもなく日本人にも人気のあるカレーライスが堂々の第1位である。本場インドはナンなどにつけて食べるのに対して、日本のカレーはご飯にかけて食べるもので、スパイシーだったり甘めだったり、はずしたことがないと述べられている。どの外国人に聞いても「カレーは好き」と言うらしい。そしてもちろん、ビールにも合うようである。

 大阪名物のたこ焼きはどうか? シンガポールでも売られており、欧米人にも合うと思うが、タコは苦手なのかもしれない。こういうTV番組の企画は面白いと思う。実現を期待したい。

|

« 「メコンのめぐみ」:基準価格が10147円に上昇 | トップページ | ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に人気の日本食は何か?:

« 「メコンのめぐみ」:基準価格が10147円に上昇 | トップページ | ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント »