« ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント | トップページ | お休み »

2009年11月18日 (水)

自己PRの書き方

 自己PR 書いて自分に 惚れてきた

 これは、大学生向け就活用の宣伝誌であるNOTE BOOK(2009.5、No.002、株式会社CLOCK-ON発行)に掲載されている川柳である。就活ナビ(http://www.shukatsu.jp/)がスポンサーであると思われる。

 自分に惚れるような自己PRを書かなければダメという意味である。また同時に、そのためには自分に惚れるほどに自己を分析することを勧めている。これまでに自分に惚れるようなことがない場合でも、深い自己分析をする自分に惚れることはできる。

 まず自分に惚れることが、就活で自信を生む源泉である。もちろん重要なことは、この惚れる要因は何かということである。それは各自で多様である。それが個性である。

 自分に惚れて他人に惚れる。こういう人々ばかりだと、日本も世界も平和で楽しいだろう。「好き」というよりも「惚れる」という言葉の綾(あや)を大学生に理解してほしい。

|

« ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント | トップページ | お休み »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の自己PR | 2012年3月17日 (土) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/32221721

この記事へのトラックバック一覧です: 自己PRの書き方:

« ズン首相のインタビュー記事:原子力発電と南北高速鉄道についてコメント | トップページ | お休み »