« 「開発の三角地帯」ラオスで三井物産がボーキサイト採掘 | トップページ | 岩井証券「メコンのめぐみ」の特徴:長期投資の投資戦略 »

2009年10月14日 (水)

岩井証券「メコンのめぐみ」投資ファンド販売開始

 10月13日から岩井証券http://www.iwaisec.co.jp/)が「ベトナム・カンボジア・ラオス3国成長株ファンドファンド」(愛称:shineメコンのめぐみshine)の販売を開始した。

 岩井証券(東証1部上場)が主催した投資セミナーが13日に東京証券会館、14日に大阪証券取引所ビルで開催された。私は講師の一人として参加した。これまで私は「ベトナム株式投資セミナー」については、ユナイテッド=ワールド証券とニュース証券で講演したが、東証1部上場の企業が主催するセミナーは初めてである。

 東京では、ベトナム大使館からフィー参事官(外国投資促進部長)が挨拶された。ご出身はMPI(計画投資省)。日本に来られて1ヶ月ほどということであったが、お嬢様は日本の大学を卒業されているそうである。

 大阪では、リュウ総領事がご挨拶された。堅調なベトナム経済の要因は、輸出の減少を内需が補っていると指摘された。9月12日に開催された宝塚国際交流協会のベトナムセミナーで総領事とお目にかかったばかりである。

 東京と大阪で次回のセミナーが同じ場所で東京は21日大阪は22日に開催予定である。ベトナム・カンボジア・ラオス3国の近況を紹介するのが私の仕事である。お時間があれば、ぜひご出席を賜り、会場でお声をかけていただければ幸いである。

|

« 「開発の三角地帯」ラオスで三井物産がボーキサイト採掘 | トップページ | 岩井証券「メコンのめぐみ」の特徴:長期投資の投資戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/31808613

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井証券「メコンのめぐみ」投資ファンド販売開始:

» 「ベトナム・カンボジア・ラオス 3国成長株ファンド」投資セミナーに参加 [blog@HAKLAO]
ラオスから帰国して1月半。 ラオスの公務員向け研修のコーディネーターの仕事で、各 [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 00時01分

« 「開発の三角地帯」ラオスで三井物産がボーキサイト採掘 | トップページ | 岩井証券「メコンのめぐみ」の特徴:長期投資の投資戦略 »